【高松コンストラクショングループ】世界最古の企業からゼネコンまでM&Aで描く成長戦略

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

高松コンストラクショングループ<1762>は関西を発祥の地とする中堅ゼネコンだ。利益率重視の経営で、2017年3月期には売上高2141億3000万円に対して営業利益は129億3500万円。売上高営業利益率は6.0%と、まずまず。2017年4月には協和銀行(現・りそな銀行)出身の吉武宣彦が社長に就任、2018年4月には傘下の中核企業である高松建設でオーナー一族の高松孝年社長が就任するなど、着々と新体制づくりが進んでいる。同社の成長戦略の要が企業買収・合併(M&A)だ...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5