イオンは、ウエルシアホールディングスをTOB(株式公開買い付け)により子会社化すると発表した。買収総額は約224億円。TOBにより現在の所有割合37.40%を50.14%に引き上げる。

イオンはウエルシアHDを傘下に取り込み、ドラッグストア事業に関する経営資源の一体化を進め、商品開発力の強化や電子マネーなどの金融サービスとの連携などイオングループ内での強固な連携を図る。

買い付け後、ウエルシアHDはイオンのドラッグストア運営子会社であるタキヤ(兵庫県尼崎市)とシミズ薬品(京都市)を株式交換により完全子会社化するほか、同じくイオンのドラッグストア運営子会社のCFSコーポレーション(静岡県三島市)との経営統合を進める。

買付価格は1株あたり4000円で、公表前営業日の終値 3385円に対して18.17%のプレミアムを加えた。

買付予定数は560万6000株で、買付総額は224億2400万円。

買付期間は2014年10月23日から11月20日を予定している。決済の開始日は2014年11月27日。