日本キャピタルは子会社を通じて、新車中古車の販売・修理を手掛けるシンガポールのJun Taiyo (S) Pte.Ltd.(営業利益4億9500万円、純資産1億200万円)の全株式を取得し、子会社化することについて契約を締結した。また、2012年3月30日をもってJun Taiyo(S)を吸収合併する。

Jun Taiyo (S)は、シンガポールにおいて整備工場や販売網を保有し、きめ細かなサービス提供で日系企業向けオートリース事業において確固たる顧客基盤を構築している。子会社化により、日本キャピタルはシンガポールにおける地場優良企業の顧客基盤拡大など、一層の収益拡大を見込む。

取得価額は非公表。取得予定日は2011年12月30日。