(株)マルエツ(以下「マルエツ」)、(株)カスミ(以下「カスミ」)、イオン(株)(以下「イオン」)、イオンの完全子会社であるマックスバリュ関東(株)(以下「MV関東」)、及び丸紅(株)(以下「丸紅」)(以下「5社」と総称)は、マルエツ、カスミ及びMV関東(以下「事業会社3社」と総称)の完全親会社となる共同持株会社を設立することについて基本合意した。その後、5社間で、事業会社3社の経営統合に関する契約書を締結するとともに、事業会社3社間で、共同株式移転の方式により共同持株会社であるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(株)(以下「U.S.Mホールディングス」)を設立するための株式移転計画書を作成したことを発表した。また、共同持株会社に関し、イオン及び丸紅は共同持株会社の株式を保有する合弁会社を設立し、当該合弁会社によるマルエツに対する公開買い付けを実施することを決定した。

スーパーマーケット(以下「SM」)業界において、首都圏は持続的な成長が期待される国内で最も肥沃かつ有望な市場である。だが同時に、SM業界再編の動きが活発化しつつあり、業界を超えた競争が厳しさを増している市場でもある。事業会社3社は、首都圏を基盤とするSM企業として、顧客の豊かで健康的な食生活に貢献し地域の発展と繁栄を願い地域に深く根差した企業となること、常に革新と挑戦を続け時代に適応する企業であり続ける必要があること、という認識で一致している。そこで、イオン及び丸紅と共同して、「U.S.Mホールディングス」を設立することを決定した。U.S.Mホールディングスは、事業会社3社が力を合わせて成長するとともに、首都圏ナンバーワンのSM企業となることを目指すとしている。

なお、事業会社3社は、新たに設立する共同持株会社の普通株式について、東京証券取引所に新規上場申請を行う予定である。

株式移転比率はマルエツ:カスミ:MV関東=0.51:1:300

株式移転・共同持株会社設立予定日は2015年3月2日。

共同持株会社の上場予定日は2015年3月2日。