M&A速報

マルエツ<8178>、カスミ<8196>、マックスバリュ関東、イオン<8267>、丸紅<8002>、株式移転による共同持株会社設立へ

2014/10/31

(株)マルエツ(以下「マルエツ」)、(株)カスミ(以下「カスミ」)、イオン(株)(以下「イオン」)、イオンの完全子会社であるマックスバリュ関東(株)(以下「MV関東」)、及び丸紅(株)(以下「丸紅」)(以下「5社」と総称)は、マルエツ、カスミ及びMV関東(以下「事業会社3社」と総称)の完全親会社となる共同持株会社を設立することについて基本合意した。その後、5社間で、事業会社3社の経営統合に関する契約書を締結するとともに、事業会社3社間で、共同株式移転の方式により共同持株会社であるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(株)(以下「U.S.Mホールディングス」)を設立するための株式移転計画書を作成したことを発表した。また、共同持株会社に関し、イオン及び丸紅は共同持株会社の株式を保有する合弁会社を設立し、当該合弁会社によるマルエツに対する公開買い付けを実施することを決定した。

スーパーマーケット(以下「SM」)業界において、首都圏は持続的な成長が期待される国内で最も肥沃かつ有望な市場である。だが同時に、SM業界再編の動きが活発化しつつあり、業界を超えた競争が厳しさを増している市場でもある。事業会社3社は、首都圏を基盤とするSM企業として、顧客の豊かで健康的な食生活に貢献し地域の発展と繁栄を願い地域に深く根差した企業となること、常に革新と挑戦を続け時代に適応する企業であり続ける必要があること、という認識で一致している。そこで、イオン及び丸紅と共同して、「U.S.Mホールディングス」を設立することを決定した。U.S.Mホールディングスは、事業会社3社が力を合わせて成長するとともに、首都圏ナンバーワンのSM企業となることを目指すとしている。

なお、事業会社3社は、新たに設立する共同持株会社の普通株式について、東京証券取引所に新規上場申請を行う予定である。

株式移転比率はマルエツ:カスミ:MV関東=0.51:1:300

株式移転・共同持株会社設立予定日は2015年3月2日。

共同持株会社の上場予定日は2015年3月2日。

関連の記事

【10月M&Aサマリー】前年と同じ70件、ENEOS案件など「1000億円」超は今年最多の4件

【10月M&Aサマリー】前年と同じ70件、ENEOS案件など「1000億円」超は今年最多の4件

2021/11/05

2021年10月のM&A件数は70件で前年同月と同数だった。10月として過去10年で3番目の高水準。1~10月の累計は前年同期を37件上回る727件で、このままのペースでいけば、年間件数はリーマン・ショック後の最高となる公算が大きい。

イオンの傘下に入る「キャンドゥ」ダイソー、セリアを追撃か

イオンの傘下に入る「キャンドゥ」ダイソー、セリアを追撃か

2021/10/16

大手スーパーのイオンは、100円ショップ「キャンドゥ」を運営する業界3位のキャンドゥを、TOB(株式公開買い付け)などで子会社化することを決めた。イオンの後ろ盾を得たキャンドゥは、上位企業を追撃することはできるだろうか

過去最高売り上げを更新した「イオン」不振の上場子会社の影響は?

過去最高売り上げを更新した「イオン」不振の上場子会社の影響は?

2021/10/08

イオンは2022年2月期第2四半期決算で、売上高が4兆3449億1900万円となり、過去最高を更新した。子会社のジーフットは3期連続の営業赤字が避けられない見通し。イオンの業績に与える影響は?

トップの座の行方は?「イオン」と「セブン&アイ」コロナ禍の中での攻防

トップの座の行方は?「イオン」と「セブン&アイ」コロナ禍の中での攻防

2021/04/11

国内流通首位のイオンと同2位のセブン&アイ・ホールディングスの2021年2月期の決算がでそろった。両社ともにコロナ禍で減収減益が避けられなかったものの、いずれも回復傾向が現れている。

「ローソン」売り上げを下方修正 食品スーパーとの明暗くっきり

「ローソン」売り上げを下方修正 食品スーパーとの明暗くっきり

2021/04/07

コンビニ大手のローソンが、2021年2月期の業績予想を修正した。新型コロナウイルスの感染症拡大の影響で売上高が想定よりも下回り、前回公表比0.6%減の6660億100億円に留まる見込みだ。

「吉野家」「イオン」に回復の兆し 業績上方修正企業が続々

「吉野家」「イオン」に回復の兆し 業績上方修正企業が続々

2021/01/16

コロナ禍の中、牛丼チェーンの吉野家ホールディングスと、小売業最大手のイオンに業績回復の兆しが現れてきた。緊急事態宣言の対象エリアが広がる中、吉野家とイオンの状況はどうなるのか。

「景気が悪くなると、不動産関連企業が買収される」は本当か?

「景気が悪くなると、不動産関連企業が買収される」は本当か?

2020/11/29

2020年11月20日、三井住友ファイナンス&リースが不動産投資信託(J-REIT)のケネディクスに対して子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表した。業種を問わず「苦しい時には不動産会社が買収される」と言われるが本当か?

イオン傘下の「ビッグ・エー」と「アコレ」 経営統合後はどんな会社になる?

イオン傘下の「ビッグ・エー」と「アコレ」 経営統合後はどんな会社になる?

2020/10/25

イオンが生鮮食品や日用品などを取り扱う傘下のディスカウントストアのビッグ・エー(東京都板橋区)と、アコレ(千葉市)の2社を経営統合する。新会社はどのような企業になるのか。

嵐の前の静けさか。コロナ禍でも「倒産」減少

嵐の前の静けさか。コロナ禍でも「倒産」減少

2020/10/10

帝国データバンクが2020年度上半期(4月-9月)の倒産状況(負債1000万円以上の法的整理)をまとめたところ、倒産件数は3956件で、2004年度下半期以来の4000件割れとなった。

赤字か黒字か「イオン」の今期決算 カギ握る傘下企業とは

赤字か黒字か「イオン」の今期決算 カギ握る傘下企業とは

2020/08/29

コンビニ中堅のミニストップ、靴小売り大手のジーフット、遊戯施設事業のイオンファンタジーのイオン傘下の上場企業3社が、新型コロナウイルスの影響で未定としていた2021年2月期の業績予想を相次いで公表した。

「イオン」がコロナ禍で苦境に 当期赤字は500億円超

「イオン」がコロナ禍で苦境に 当期赤字は500億円超

2020/07/10

イオンの2021年2月期第1四半期の全損益が赤字に陥った。新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては、4月のツヴァイに続く子会社売却案が浮上してくるかもしれない。

「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

「イオン」がスポーツECサービス事業に参入 コロナ後のスポーツに動き

2020/06/03

イオンがスポーツEC(電子商取引)サービス事業に乗り出した。今後スポーツを楽しむ人たちが増えることが予想されるだけに、新型コロナウイルスとスポーツに関連する新たなグッズやビジネスが相次いで生まれてきそうだ。

【コロナ倒産】飲食、宿泊業まとめ。「点と線」で有名なあの店も

【コロナ倒産】飲食、宿泊業まとめ。「点と線」で有名なあの店も

2020/04/10

4月7日に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され、映画館やライブハウス、運動施設だけでなく、居酒屋、カラオケ、マンガ喫茶なども休業が要請されることとなります。また、休日の旅行は大幅に制限され、飲食店や宿泊施設は甚大な影響を受けます。

新年度入り「新型コロナ」でイオンなどの入社式に異変  エイプリルフールのデマ情報にも警戒

新年度入り「新型コロナ」でイオンなどの入社式に異変 エイプリルフールのデマ情報にも警戒

2020/04/01

新年度入りとなる4月1日の恒例行事をはじめとするさまざまな経済活動に、今年は新型コロナウイルスの影響が色濃く現れている。新型コロナウイルスの影響の実態を追ってみると。

業績悪化が止まらない「イオン」子会社 4社が赤字に

業績悪化が止まらない「イオン」子会社 4社が赤字に

2020/03/28

イオン子会社の業績悪化が止まらない。ミニストップ、ジーフット、イオンファンタジー、マックスバリュ西日本の4社が業績を相次いで下方修正した。イオンは当初予想通りの増収増益を達成することができるか。

イオンの業績に黄色信号 子会社が相次いで赤字に

イオンの業績に黄色信号 子会社が相次いで赤字に

2020/03/25

日本の小売業界最大手のイオンの業績に黄色信号が灯りつつある。連結対象子会社が相次いで業績の下方修正を行ったためだ。 売上高が8兆円を超える小売りトップ企業の決算発表に注目が集まる。

イオン子会社が相次いで苦境に 小売りトップ企業への影響は

イオン子会社が相次いで苦境に 小売りトップ企業への影響は

2020/02/21

イオン子会社が相次いで苦境に陥っている。コンビニのミニストップと、靴小売り大手のジーフットが業績予想を下方修正した。消費低迷でイオングループ企業内に業績の下方修正が広がればイオン自体の業績にも影響がでそうだ。

【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ−M&Aシネマ繁盛記

【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ−M&Aシネマ繁盛記

2019/10/24

東宝の歴史はM&Aの歴史だ。1932年に阪急電鉄創業者の小林一三氏が東京宝塚劇場を設立、これが「東宝」の語源である。設立早々に東急を立ち上げた五島慶太氏から渋谷・道玄坂の東横映画劇場を買収したのを皮切りに、映画産業内でのM&Aを加速する。

「選挙割」や「選挙休業」などが登場 21日の参院選

「選挙割」や「選挙休業」などが登場 21日の参院選

2019/07/17

2019年7月21日に実施される参院選に向け、企業に動きが出てきた。投票済証明書の提示で商品やサービスの割引を行う「選挙割」や商業施設内での投票所の開設、さらには従業員に投票を促すため休業する店舗もある。

高齢者は増えているのに、なぜ「葬儀社の倒産」が相次ぐのか?

高齢者は増えているのに、なぜ「葬儀社の倒産」が相次ぐのか?

2019/05/24

葬儀社の倒産が全国で相次いでいる。高齢化が進み、死亡者数は増えるのだから葬儀市場は拡大するはず。なのに、なぜ葬儀社の倒産が相次ぐのか?背景には葬儀の簡素化による価格破壊と、それに伴う競争激化がある。葬儀社はこの「逆風」にどう立ち向かうのか?

【ウエルシアHD】ドラッグストア戦争で「空白地」をどう攻める

【ウエルシアHD】ドラッグストア戦争で「空白地」をどう攻める

2019/04/18

ウエルシアホールディングス(HD)は、ドラッグストアチェーンを運営する持株会社である。ウエルシア薬局を1723店舗展開するほか、京都で58店舗を出店する「ダックス」や、北東北で93店舗を展開する「ハッピー・ドラッグ」などを傘下に抱える。

ツヴァイが業績予想を下方修正! 株価は下落へ

ツヴァイが業績予想を下方修正! 株価は下落へ

2019/03/01

イオンの子会社で婚活ビジネスを展開する「ツヴァイ」が今期の業績を下方修正しました。6000万円と予想していた経常利益は1億4200万円の赤字に転落。新規の会員獲得が計画どおりに進まず、退会者も増加。入会費用売上が計画比10%減となりました。

出遅れセクターから 新日鐵住金<5401>に注目!

出遅れセクターから 新日鐵住金<5401>に注目!

2017/11/13

新日鐵住金<5401>グループの上場子会社・上場持分法適用会社に注目したいと思います。具体的には、日新製鋼<5413>、合同製鐵<5410>、共英製鋼<5440>、大阪製鐵<5449>、トピー工業<7231>を取り上げます。

[スーパーマーケット業界のM&A]国内市場が縮小。他業種との競合関係も激化

[スーパーマーケット業界のM&A]国内市場が縮小。他業種との競合関係も激化

2017/08/06

スーパーマーケットの業界団体である日本チェーンストア協会の販売統計によると、加盟会員企業の 2016年の総販売額は、うるう年で営業日数が1日多かったにもかかわらず、前年比マイナス 0.4%の微減となった。スーパーマーケット業界では、競争力を高め生き残りを図るため、さまざまなM&Aが積極的に行われている。

【ツルハホールディングス】ダイナミックなM&Aで2000店舗・売り上げ7000億円を目指す

【ツルハホールディングス】ダイナミックなM&Aで2000店舗・売り上げ7000億円を目指す

2016/09/21

イオングループ傘下でグループをけん引しつつ、独自路線・独自ブランドを崩さないツルハホールディングス。当時時価において約75億円相当の株式を割り当てた、くすりの福太郎の子会社化などビッグディールを含め、その歴史をひもといてみる。

【イオングループ】M&Aで仕掛ける流通再編の行方は

【イオングループ】M&Aで仕掛ける流通再編の行方は

2016/01/07

国内小売業初の売上高7兆円を突破したイオングループ。その歴史は、さかのぼること250年以上前。小売業がメイン事業でありながら、ドラッグ・ファーマシー事業が順調に成長しているイオングループのM&A戦略をたどる。

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

【企業力分析】 経営の鬼門、足を踏み入れてはいけない領域 全18社

2016/01/06

鬼門が決定的になった破綻会社から、良くないことが現実化してしまった会社、鬼門から直ぐに退避すべき18社を取り上げました。ワールド・ロジ、青木建設、エルピーダメモリ、NOVA、真柄建設、日本航空、カッパ・クリエイト、ワタミ、あきんどスシロー、パナソニック、シャープ、ニッセンホールディングス、コロワイド、ゼンショーホールディングス、サンデー、イオン、井村屋グループ、三越伊勢丹ホールディングスです。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5