イオンは、中国・四国エリアを中心にスーパーマーケットを展開するマルナカ(高松市。売上高2050億円、営業利益38億3000万円、純資産583億円)と山陽マルナカ(岡山市。売上高1240億円、営業利益43億7000万円、純資産233億円)の株式をそれぞれ94.96%と100%を取得して子会社化すると発表した。

マルナカグループは創業50年を迎え世代交代を目指していた。一方、全国で地域密着型の経営を推進しているイオンは、マルナカグループの経営ノウハウを取り込み事業拡大を図る。

取得価額はマルナカが364億円、山陽マルナカが85億円。取得予定日は2011年11月25日。