ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【コロナ】日立も株主総会延期、すでに20社を突破|「延長」方式も広がる

alt
東京・丸の内のビジネス街(右は日立製作所が本社を置くビル)

「継続会」を活用した2段階方式も台頭中

延期をせず、「2段階方式」という変則的な形で株主総会を実施する企業も出始めた。当初予定した日程で株主総会を開き、配当などに関連する剰余金処分、取締役選任といった議案と合わせ、総会の続行を決議。間に合わなかった決算承認については後日開く「継続会」に委ねるというもので、“延長戦”を前提とした総会といえる。

金融庁は新型コロナ禍を踏まえ、延期という選択肢以外に、決算承認を後日行う2段階方式での開催を容認。現在、日本農薬、芦森工業、アネスト岩田など6社が「継続会」を開催することを公表している。

こうした中、異例の対応をとるのはダイセル。同じ2段階方式でも、継続会の代わりに、臨時株主総会を開く。6月19日に定時株主総会を開き、剰余金処分、取締役選任、監査役選任の3議案を諮り、積み残しとなる決算関連は後日開く臨時株主総会に回す。臨時株主総会の開催にあたっては新たに議決権基準日を設ける必要がある。

コロナの成り行きを横目に、本格的な株主総会シーズンを前に、「延期」か「延長」をめぐって思案することになりそうだ。

◎2段階方式で株主総会を開催する企業(太字は2月期決算会社)

発表 社名 総会開催日 その後の対応
5月13日 日本農薬 6月29日 継続会
芦森工業 6月19日 継続会
12日 エヌリンクス 5月28日 継続会
パイオラックス 6月24日 継続会
ダイセル 6月19日 臨時株主総会
11日 アネスト岩田 6月25日 継続会
8日 NKKスイッチズ 6月26日 継続会

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

新型コロナ、サマンサタバサが株主総会を延期|M&Aに影響するケースも

新型コロナ、サマンサタバサが株主総会を延期|M&Aに影響するケースも

2020/04/28

新型コロナウイルスの感染拡大が企業活動のさまざまな場面に影響を及ぼしている。27日はバッグ・ジュエリーで知られるサマンサタバサジャパンリミテッドが5月下旬に予定していた定時株主総会を6月下旬に延期すると発表した。

関連のM&Aニュース

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5