日立建機(株)(以下「日立建機」)は、鋳造及び鋳造製品の製造・販売サービスを営むBradken Limited(豪州、以下「Bradken」)の発行済普通株式の全株を対象とした自社による公開買付けを実施することを決定し、自社とBradkenとの間で本公開買付けの実施に関するBid Implementation Agreementを締結した、と発表した。本公開買付けは友好的なものであり、Bradkenの取締役会による賛同を得ているとのこと。Bradkenの取締役会による賛同は、本公開買付けが公正かつ妥当である旨の独立専門家による判断が得られていること、及び、日立建機以外の第三者から日立建機による買収提案条件よりも良い条件によるBradkenの買収提案が提示されていないことが前提になっているとのこと。

なお、本公開買付けは、オーストラリアの公開買付規制に基づく公表も現地にて行っており、日本の金融商品取引法第27条の2第1項に規定する公開買付けには該当しないとのこと。

Bradkenは、鉱業及びインフラ産業向け鋳造部品を製造するほか、マイニング設備やマイニング消耗部品、メンテナンスサービス等を提供し、多岐に亘るバリューチェーンでの事業展開を世界各地で実施しているとのこと。Bradkenの買収は、日立建機のマイニング事業の部品サ―ビスビジネスとの補完強化となり、一層の事業収益安定性の向上が期待できることに加え、グローバルネットワークの相互活用により更なる収益性の向上を実現できるものと考え、同社の株式取得を行うことを決定したとしている。

買収後も、Bradkenの経営の独自性を活かし、ブランドと既存の製造・販売体制を維持発展させ、Bradkenが進めている構造改革は計画通り進め、事業収益率アップを図っていくとのこと。

公開買付期間は、開始時期が2016年10月中旬から下旬、買付期間は開始から6週間を予定。

なお、買付条件が充足されない場合は、日立建機は、開始から6か月を超えない範囲で買付期間を延長する可能性がある。

買付予定数は 211,848,761株。

買付価格は1株当たり243.75円(3.25豪ドル)(過去1ヶ月出来高加重平均に対して、37.7%のプレミアム)。

買付予定総額は約516億円(約689百万豪ドル)。

※1豪ドル=75円換算