M&A速報

日立建機<6305>、豪州・米国のマイニング・建設機械に関するサービス・ソリューション会社を子会社化

2016/12/21

日立建機(株)は、豪州及び米国を中心にマイニング・砕石・建設機械及び設備に係るサービス・ソリューション事業の提供、及び付随する部品の開発・加工・販売を営むH-E Parts International LLC(米国、連結売上高126億円、連結営業利益△1億8800万円、連結純資産43億6000万円)及びH-E Parts Australian Holdings LLC(米国)(以下、併せて「H-E Parts」)の全持分を取得することにつき、H-E Partsの100%出資者であるH-E Parts Investors LLCと持分譲渡契約を締結したことを発表した。なお、H-E Parts Australian Holdings LLCは、 HEP Australia Holdings Pty Ltd(豪州、連結売上高108億円、連結営業利益10億2000万円、連結純資産56億9000万円、1豪ドル85.29円で換算)を保有するために設立された特別目的会社であり、本件の持分の取得後直ちに H-E Parts International LLC を存続会社とする合併により消滅する予定である。

H-E Partsの全持分取得により、顧客現場のニーズに合わせた、低コストかつ生産性の高いサービスを提供し、バリューチェーンの強化及び一層の事業収益の安定性向上を図るとともに、H-E Partsの知見を活用し、サービスソリューションの拡充を図るものとしている。

持分取得価額は約276億円 ※1米ドル=115円にて換算。

アドバイザリー費用は、少額になる見込。

持分譲渡実行予定日は2016年12月21日。

関連の記事

【コロナ】日立も株主総会延期、すでに20社を突破|「延長」方式も広がる

【コロナ】日立も株主総会延期、すでに20社を突破|「延長」方式も広がる

2020/05/14

「コロナ禍」の終息が見通せない中、定時株主総会を延期する上場企業が相次ぎ、すでに20社を超える。延期以外に、決算承認を後日行う「2段階方式」の採用を決めた企業も次第に広がっている。

パンダ銘柄   “伏兵”は現れるか?

パンダ銘柄 “伏兵”は現れるか?

2017/12/10

パンダ銘柄は東天紅<8181>と精養軒<9734>だけ? 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン(香香)」の一般公開(19日)まで1週間あまり。株式市場では毎度、東天紅と精養軒がもてはやされる展開だが、“伏兵”銘柄の出現はないのだろうか。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5