住友重機械工業は、同社の持分法適用関連会社(所有割合50%)である日立住友重機械建機クレーン(売上高:44億円、営業利益;50億円、純資産:13億円)の株式を66%まで追加取得し、連結子会社とすることへ向けた基本合意書の締結を決議した。

住友重機械工業と日立建機は、2002年に両社のクローラクレーン事業を統合、日立住友重機械建機クレーンを設立し、国内、海外での競争力の強化に努めてきた。株式追加取得後も引き続き、住友重機工業と日立建機は双方の販売チャネルや技術・ノウハウ等の支援を継続しクローラクレーン事業の発展に協力する。

株式取得価額は未確定。

株式譲渡実行予定日は3月31日。