ノーリツ鋼機は子会社を通じて、医療・シニア向けサービス事業を営む6社の株式を、オリンパスビジネスクリエイツ(東京都新宿区)より取得することを決議した。

今回株式取得するのは、医療統計サービス業の日本医療データセンター(東京都千代田区。売上高10億7000万円、営業利益1億8500万円、純資産3億5800万円)、歯科向け通販業のフィード(横浜市。売上高51億7000万円、営業利益5400万円、純資産5億4200万円)、医療器具製造業のアイメディック(東京都千代田区。売上高18億5000万円、営業利益5億4300万円、純資産17億円)、秋田ケーブルテレビ(秋田市。売上高27億4000万円、営業利益5億1600万円、純資産26億4000万円)ほか2社。

ノーリツ鋼機の株式取得比率は、日本医療データセンター、フィード、アイメディックが100%、秋田ケーブルテレビは50%となる。

ノーリツ鋼機は医療分野を事業のひとつとして積極的に展開している。今後は医療情報分野への本格参入や医療従事者向けカタログ通販事業の強化などで、総合的に医療・シニア向け事業の拡大を図る。 

取得価額は60億円。取得予定日は2013年5月2日。