【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

alt

2008年に日本ビクターとケンウッドが統合して誕生して以来、波乱万丈の経営が続いてきたJVCケンウッド<6632>。国産オーディオビジュアル(AV)機器メーカーとして成長してきた両社だが、経営統合以降は業績が低迷。2020年3月期の売上高は約2913億円と、経営統合時の約8200億円に比べ3分の1近くまで縮小している。巻き返しのカギはM&Aだ。

日本ビクター救済のための経営統合

両社の経営統合は日本ビクターが親会社だった松下電器(現パナソニック<6752>)グループから離脱したのがきっかけだった。2008年3月期連結決算で4期連続となる約475億円の最終赤字を計上し、業績不振から抜け出せなかった日本ビクターの支援を松下が断念する。

音響機器市場の低迷で経営危機に陥ったビクター(同社ホームページより)

進退窮(きわ)まった日本ビクターに救いの手を差し伸べたのがケンウッド。2007年8月に日本ビクターが第三者割当増資を実施し、ケンウッドが200億円、国内ファンドのスパークス・グループが150億円の合計350億円を引き受けた。

その結果、日本ビクター株の保有比率は松下が52.4%から36.8%に低下して、連結子会社から持ち分法適用関連会社に。一方、第三者割当増資を引き受けたケンウッドは17.0%、スパークスは12.8%となった。

第三者割当増資で調達した資金で日本ビクターは液晶テレビの生産中止や生産拠点の統廃合、人員削減といった経営構造改革を進める。2008年10月に日本ビクターとケンウッドの株式移転により、持ち株会社のJVC・ケンウッド・ホールディングスを設立。同社の下で日本ビクターとケンウッドが経営統合した。

2011年10月に同持ち株会社が傘下の日本ビクターとケンウッド、それに両社合弁のJ&Kカーエレクトロニクスを吸収合併して事業会社となったのが現在のJVCケンウッドである。

NEXT STORY

おおぞら管理(旧オリオン電機)が特別清算 事業は他社へ譲渡

おおぞら管理(旧オリオン電機)が特別清算 事業は他社へ譲渡

2019/06/09

おおぞら管理は福井地裁へ特別清算を申請し、5月20日に特別清算開始決定を受けた。負債総額は債権者10名に対して約100億2900万円。

関連のM&Aニュース

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5