M&A速報

東京特殊電線<5807>、電線事業の古河マグネットワイヤへ巻線事業を譲渡

2009/04/27

東京特殊電線は、電線および電線加工品の製造・販売を主力とする古河マグネットワイヤ(東京都中央区。純資産22億100万円)へ巻線事業を譲渡することを決議した。

東京特殊電線は、電線開発で培った技術をベースに、巻線、情報通信ケーブル、電線加工品、光製品、電子部品、情報機器などの事業展開をしてきた。中でも、巻線事業は同社の売上高の約2割を占め、創業以来の基幹事業の一つでもあったが、収益柱である融着線や特殊合金線の売上減少が継続していた。同事業が将来的にも利益確保が厳しく、同社単独での事業継続は困難であると判断し、今回の事業譲渡することを決断した。譲渡する事業の売上高は102億円。

譲渡価額は10億円。譲渡予定日は2009年10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

2021/04/08

2008年に日本ビクターとケンウッドが統合して誕生して以来、波乱万丈の経営が続いてきたJVCケンウッド。2020年3月期の売上高は約2913億円と、経営統合時の約8200億円に比べ3分の1近くまで縮小している。巻き返しのカギはM&Aだ。

M&A速報検索

クリア