【サノヤスHD】祖業の造船を捨て「背水の陣」で臨むM&A戦略

alt

祖業を切り離して生き残り-中堅造船のサノヤスホールディングス(HD)<7022>は2021年2月28日に100%子会社であるサノヤス造船(大阪市)の全株式を、新来島どっく(東京都千代田区)に譲渡する。

110年の歴史を持つ造船事業

1911(明治44)年に佐野安造船所として創業したサノヤスHDの造船事業は、110年の歴史を閉じることになった。だが、同社は「ポスト造船」をにらみ、バブル経済華やかなりし1990年代から新事業に乗り出していた。その強力な「スクリュー」となったのがM&Aだ。

1985年9月のプラザ合意の結果、1ドル=235円から1年後には150円台と急激な円高が進む。これにより世界最大の造船王国だった日本も、韓国勢の追い上げを受けることになる。円高で国際競争力を失った日本の造船業に、「脱・造船」が喫緊の課題として突きつけられた。

サノヤスは1990年10月に建設用機器製造の菱野金属工業を吸収合併し、陸上事業部門へ本格的に乗り出す。翌1991年4月には遊園地向け遊具機械メーカーの明昌特殊産業を買収し、サノヤスはサノヤス・ヒシノ明昌に社名変更した。

建設機械と遊具機械という陸上機械部門と造船部門の両輪で、サノヤスは生き残りをかける。しかし、21世紀に入ると中国の造船メーカーが台頭。韓国勢との価格競争が激化して、日本の造船メーカーはますます厳しい状況に追い詰められていく。

日本勢は2010年まではシェアを落としながらも新造船建造量を増加させてきたが、その後はシェアを落とし続けている。

世界造船市場の状況(国土交通省ホームページより)

NEXT STORY

今治造船がJMUへ出資・業務提携ー国内造船再編「最終段階」に

今治造船がJMUへ出資・業務提携ー国内造船再編「最終段階」に

2019/11/30

国内造船トップの今治造船(愛媛県今治市)と同2位のジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市西区)は11月29日、資本業務提携することで合意したと発表した。今治造船がJMUの新株を引き受ける。出資比率については公表していない。