【揚工舎】介護事業の拡大へ、M&Aをこつこつ積み上げる

alt
揚工舎の本社ビル(東京・板橋)

デイサービス(通所介護)、有料老人ホーム運営などの介護事業を手がける揚工舎<6576>がこつこつとM&Aを積み上げている。個々の案件規模はさほど大きくないものの、その数は16件に達する。同社はプロ投資家向けに開設されている東京プロマーケットの上場銘柄(44社)で唯一の介護事業者でもある。

「リハビリ」重視を身上に、介護事業を展開

揚工舎が掲げるテーマは「感動空間」の創造。理学療法士として培ってきたリハビリの知識・経験を具体的な形として世の中に示してみたいとの思いを社名に込め、伊藤進社長が2003年に設立し、デイサービス事業に着手した。

現在、デイサービス拠点は都内に10カ所。自立支援型の運営に特色があり、リハビリ体操や嚥下(飲み込み)体操、ヨガといった共通メニューに加え、利用者個々のコンディションに応じて平行棒、滑車、ホットパック(温熱療法)などの訓練用具を使ったプログラムを用意している。

会社設立以来初めてのM&Aに取り組んだのは2010年。東京都豊島区内で有料老人ホーム(現ヨウコーキャッスル巣鴨)を買収した。有料老人ホーム事業にいよいよ乗り出すことになったのだ。

続いて2012年にハートセンター(東京都足立区。現ヨウコーフォレスト竹の塚)、13年にはサンリバティー(神奈川県寒川町。現ヨウコーフォレスト湘南)を買収し、有料老人ホーム事業の基礎を固めた。

有料老人ホームでは要介護認定を受けた入居者に対し、食事や入浴、排せつなどの介護、機能訓練、医療ケア、レクリエーションなどの生活サービスを提供する。なかでも揚工舎が力を入れているのが「生活リハビリ」だ。

具体的には、歩く、椅子から立つなど日常生活における動きの中で、身体を使う際のポイントを指導し、機能回復につなげる同社独自の考え方を実践しているという。

デイサービス拠点(東京・西早稲田)

全9施設の有料老人ホームはM&Aで傘下に

有料老人ホームについては目下、都内6、神奈川県2、千葉県1の計9カ所を運営しているが、実はいずれもM&Aを通じて傘下に収めた施設ばかり。業績が低迷していたり、後継者問題を抱えたりしている事業所が主なターゲットで、事業再生型M&Aを業容拡大の原動力としてきた。

足元の業績はどうか。2021年3月期予想は売上高13.1%増の22億4300万円、営業利益90%増の9100万円、最終利益7.6倍の1億2600万円。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、デイサービス事業で外出を手控える利用者が増える動きもあったが、2019年に買収した有料老人ホーム2施設が通期でフルに寄与することなどから、2ケタ増収と利益水準の大幅回復を見込む。

分野別の売上構成(2020年9月末)はデイサービス26%、有料老人ホーム56%、在宅サービス(訪問介護、ケアプラン作成、福祉用具レンタル・販売、住宅のバリアフリー改修)9%、教育・紹介派遣9%。有料老人ホーム、デイサービスが経営の両輪だが、M&Aの取り組みは在宅サービス、教育・紹介派遣の分野でも活発だ。

◎揚工舎の業績推移(単位は百万円)

19/3期 20/3期 21/3期予想
売上高 1,760 1,982 2,243
営業利益 104 48 91
最終利益 70 16 126

NEXT STORY

今年に入って早くも2件目「大和ハウス」がM&Aを積極化する理由とは

今年に入って早くも2件目「大和ハウス」がM&Aを積極化する理由とは

2020/01/18

大和ハウス工業がM&Aを活発化させている。2020年に入り2件のM&Aを発表しており、2019年に実施した主なM&Aの件数と早くも並んだ。 中期経営計画達成に向け、M&Aの出番は今後も多そうだ。