ノジマは子会社を通じて、家電・IT製品と家具の小売りを手がけるシンガポールCourts Asia Limited(CAL。売上高570億円、純利益6億4400万円、純資産184億円)の完全子会社化を目的にTOB(株式公開買い付け)を実施することを決議した。

ノジマはカンボジアでデジタル家電専門店を2店舗展開する。CALを傘下に取り込むことで、東南アジアで家電小売市場に本格参入する。CALは英国における小売業を起源とし、1974年にシンガポール、87年にマレーシアに拠点を設け、2014年にインドネシアに進出。2012年にはシンガポール証券取引所に上場した。

買付価格は1株0.205シンガポールドル(約16.4円)。買付資金は最大88億円。買付期間などは非公表。