銭湯「極楽湯」「RAKU SPA」を展開する極楽湯ホールディングス(HD)<2340>が2019年、2020年と立て続けにM&Aを実施し、国内店舗数の増加と運営体制の強化を進めている。一方、中国ではフランチャイズを中心に店舗数を増やし、事業規模の拡大に取り組んでいく計画だ。

現在、日本、中国とも新型コロナウイルスの影響で厳しい環境下にあるが、いずれ新型コロナウイルスの感染は終息するはずで、日本と中国の2本立て戦略に変わりはないものとみられる。

今後、同社は日本と中国ではどのような事業を展開するのだろうか。

日本で44店舗、中国で8店舗を展開

極楽湯HDは日本国内店舗を紹介するホームページで「お風呂は楽しい」とのキャッチフレーズのもと、露天風呂からジェットバスまで、多数の種類の風呂を備えており、入浴のあとはリラクゼーションやあかすり、食事を楽しむことができる、としている。

一方、中国でも「温泉を楽しむ」のテーマのもと、さまざまな施設があり、入浴後にマッサージや娯楽、エンターテイメント、アニメーション、レジャーをはじめ、中華料理や和食、洋食、宴会プランなどを用意しているとしており、日本と同じようなサービスを利用できることが分かる。

同社は1993年に自然堂(じねんどう)を設立し、1996年にフランチャイズ1号店の極楽湯古川店をオープン。その後1998年に直営1号店の極楽湯奈良店をオープンしたあと、フランチャイズ、直営ともに店舗数を増やし、2020年2月14日時点で、国内では直営30店舗、フランチャイズ14店舗を展開している。

中国では2011年に極楽湯(上海)沐浴有限公司(現・極楽湯(上海)沐浴股份有限公司)を設立し、2年後の2013年に上海に海外直営1号店をオープンしたあと、湖北省武漢市、江蘇省無錫市、吉林省長春市などに出店。2020年2月14日時点では直営4店舗、フランチャイズ4店舗を展開している。

極楽湯HDの沿革 FCはフランチャイズ
1993 自然堂(じねんどう)を設立
1996 極楽湯古川店(FC1号店)をオープン
1998極楽湯奈良店(直営1号店)をオープン
2002 日本証券業協会に店頭売買有価証券として株式を登録(現・東京証券取引所ジャスダック市場スタンダード)
2006 極楽湯に社名変更
2011 極楽湯(上海)沐浴有限公司(現・極楽湯(上海)沐浴股份有限公司)を設立
2013 中国上海市に直営1店舗(極楽湯碧雲温泉館)をオープン(海外進出1号店)
2014 Gokurakuyu China Holdings Limited(香港)を設立
2015 中国上海市に直営1店舗(極楽湯金沙江温泉館)をオープン
2016 中国湖北省武漢市に直営1店舗(極楽湯金銀潭温泉館)をオープン
2017 新設分割を実施し、持株会社制度に移行。極楽湯を極楽湯ホールディングスに社名変更
2017 中国上海市にFC店1店舗(極楽湯川沙温泉館)をオープン
2018 中国上海市に直営1店舗(極楽湯嘉定温泉館)をオープン
2018 中国江蘇省無錫市にFC店1店舗(極楽湯博大温泉館)をオープン
2019 中国吉林省長春市に直営1店舗(極楽湯欧亜温泉館)をオープン
2019 タカチホから事業を譲り受け、直営5店舗(富谷店、羽生温泉、松崎店、女池店、槇尾店)をオープン
2019 中国上海市にFC店1店舗(極楽湯宝山温泉館)をオープン
2020 日本アジアグループ傘下のエオネックスと利水社を子会社化(4月1日の予定)