ティーガイア<3738>は住友商事<8053>グループ傘下で、国内最大手の携帯ショップを展開する携帯電話販売代理店だ。同社が誕生したのもM&Aがきっかけ。2008年10月に三井物産<8031>子会社のテレパークと、住友商事・三菱商事<8058>の合弁会社エム・エス・コミュニケーションズが対等合併して発足した。

商社系携帯販売会社の合併で誕生

2008年といえば、ソフトバンク<9434>が日本で初めての「iPhone」となる「同3G」を発売した年。「フューチャーフォン(ガラケー)」全盛だった国内携帯電話市場に、ようやく「スマートフォン(スマホ)」が登場した時期に当たる。

ガラケーではNTTドコモ<9437>やau(KDDI<9433>)、ソフトバンクの3大キャリア(携帯通信事業者)が、それぞれのモバイル・インターネットのプラットフォーム(サービス基盤)を握り、通信料金に加えてプラットフォーム上のコンテンツやサービスでの課金手数料で莫大(ばくだい)な利益をあげていた。

3大キャリアは資金力をものを言わせ、シェア拡大のための販売奨励金を携帯電話販売代理店に大量注入した。それを原資とする「0円端末」で、販売代理店は活況を呈することになる。そうした状況の中で、住友・三菱・三井の旧財閥グループの枠を超えた携帯電話販売代理店の「大再編」が起こり、新会社のティーガイアが立ち上がったのである。

ティーガイアは設立から3年後の2011年10月に最初のM&Aを決断した。不動産事業が本業のマエムラ(宮崎市)から、携帯電話販売代理店事業を19億1000万円で取得したのである。マエムラが同事業を会社分割してTG宮崎(同)を設立し、その全株式を取得した。「規模による成長持続」を図ったのだ。