M&A速報

ヒビノ<2469>、業務用音響機器システム設計のJVCケンウッド・アークスを子会社化

2016/10/31

ヒビノは、持ち分法適用関連会社で業務用音響機器のシステム設計などを手がけるJVCケンウッド・アークス(東京都港区。売上高32億3000万円、営業利益1億3700万円、純資産2億6300万円)の株式59.26%を追加取得し、子会社化した。現在の所有割合は35.00%で、94.26%にまで高まる。

JVCケンウッド・アークスは1960年3月設立で、全国の自治体やホール、文化施設などで実績がある。ヒビノは2010年10月に同社を持ち分法適用会社化し、音響システムの設計から機器販売・保守にいたるまでの一貫したサービスを提供してきた。今回、同社を子会社化することでグループ会社との連携を進め、新たな受注機会の創出を見込む。

取得価額は6億5400万円。取得予定日は12月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2016年10月31日
(株)JVCケンウッド・アークス
654
2
2016年3月11日
(株)エレクトリ
平川隆文氏((株)エレクトリ代表取締役社長)、個人株主2名
185
3
2015年3月31日
日東紡音響エンジニアリング(株)
807
4
2014年10月20日
(株)メディアニクス
川西卓氏((株)メディアニクス代表取締役社長)
12
5
2013年5月13日
(株)ファーストエンジニアリング
吉田宣氏((株)ファーストエンジニアリング代表取締役社長)
20
6
2018年10月24日
Sama Sound、Sama D&I、Sama CDS
Junwhan Inn氏(Sama Sound、Sama D&Iの代表理事)、ほか
未確定

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5