M&A速報

JVCケンウッド<6632>、東京特殊電線<5807>から情報機器事業を取得

2012/12/14

JVCケンウッドは、東京特殊電線から医用画像表示機器やカーエレクトロニクス関連の受託生産(EMS)事業(売上高57億6000万円)を取得することを決めた。これにより、同事業を手がける東特長岡(新潟県長岡市。売上高57億5000万円、営業利益△300万円、純資産2億5700万円)も異動する。

東京特殊電線は医用画像表示用高精細ディスプレーを主力製品とする。東特長岡は、ディスプレー製造で培った基板設計・加工技術を応用し自動車用基板加工などのEMS事業も展開しており、JVCケンウッドは、超高精細映像技術との融合や販売ネットワークの共有による相乗効果を狙う。

取得価額、取得日は未定。

追記事項

2013-04-12

事業取得は吸収分割の方式で実施すると発表した。取得価額は7億5900万円。取得予定日は2013年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

2021/04/08

2008年に日本ビクターとケンウッドが統合して誕生して以来、波乱万丈の経営が続いてきたJVCケンウッド。2020年3月期の売上高は約2913億円と、経営統合時の約8200億円に比べ3分の1近くまで縮小している。巻き返しのカギはM&Aだ。

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

2019/03/29

2018年度に上場廃止した企業は62社を数える。「カーナビ4強」のうちパイオニア、クラリオン、アルパインの3社が期せずして上場廃止に。70年の上場歴を持つ昭和シェル石油も出光興産との経営統合に伴い、東証銘柄から姿を消した。

「陽はまた昇る」(2002年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<4>

「陽はまた昇る」(2002年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<4>

2017/05/07

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回は家庭用ビデオの規格競争の裏側を描いた「陽はまた昇る」。VHSに賭けた昭和のサラリーマンたちの姿に、胸アツになること間違いなしの作品です。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5