M&A速報

東京特殊電線<5807>、香港の光部品・機器メーカーを古河電気工業<5801>に売却

2011/05/31

東京特殊電線は、香港の光部品・機器メーカーTOTOKU (HONG KONG) LIMITED.(売上高36億3000万円、営業利益2000万円、純資産5510万円)の株式の一部を古河電気工業に譲渡することを決議した。

TOTOKUは、委託加工工場で生産販売する光アンプやコイル加工品のうち、売上高の大半を占める光アンプは古河電気工業からの委託生産。そのため、古河電気工業が工場の生産主導権を握り事業を手掛ける。

東京特殊電線と古河電気工業から貸与していた設備を現物出資するとともに現金出資を行い、最終的に古河電気工業の株式持分が80%となるようにする。これに伴い、東京特殊電線の所有割合は63.8%から20.0%となる。

譲渡価額は非公表。譲渡日は2011年5月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

2021/04/08

2008年に日本ビクターとケンウッドが統合して誕生して以来、波乱万丈の経営が続いてきたJVCケンウッド。2020年3月期の売上高は約2913億円と、経営統合時の約8200億円に比べ3分の1近くまで縮小している。巻き返しのカギはM&Aだ。

敵か味方か 「大株主」の存在とは

敵か味方か 「大株主」の存在とは

2018/04/05

UACJが2月末に内定した首脳人事の差し戻しを含めて再検討していることが明らかになった。終始「ノー」を主張してきたのが筆頭株主の古河電気工業。日本ペイントHDは筆頭株主が推す取締役を6人受け入れた。敵か、味方か、企業経営にとって「大株主」とはー。

古河電工、UACJの会長・副会長人事に「異論」を表明

古河電工、UACJの会長・副会長人事に「異論」を表明

2018/02/28

アルミ圧延首位、UACJのトップ人事をめぐって筆頭株主の古河電気工業が「異論」を突き付けた。UACJは2月27日、古河スカイと住友軽金属工業の合併で誕生後初めての社長交代を発表したが、古河電工は会長、副会長人事の再考を申し入れたのだ。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5