【長谷川香料】米国で再びM&A、130億円超を投じる

alt
長谷川香料本社(東京・日本橋本町)

長谷川香料が米国市場開拓にアクセルを踏み込んでいる。昨年12月末、130億円以上を投じて食品香料メーカーのMISSION FLAVORS&FRAGRANCES(カリフォルニア州)を買収した。3年ぶりのM&Aだったが、買収ターゲットに選んだのは前回と同じく米企業だった。

社運をかけ、米MISSIONを傘下に

長谷川香料は香料メーカーとして国内第2位で、業界首位の高砂香料工業に続く。売上規模は高砂香料の3分の1にとどまり、大きな開きがあるものの、それでも世界市場でトップ10入りを果たしている(10位=同社調べ。高砂香料は7位)。人口減などを背景に国内市場が縮小に向かう中、グローバル展開を加速中だ。

先に買収した米MISSIONは1987年設立で、乳製品、クッキー、アイスクリームなどに使われるスイート系フレーバーに強みを持つ。買収金額133億円(アドバイザリー費用を含む)は長谷川香料本体の売上高の25%に相当し、同社として過去最大のM&Aとなった。社運をかけたといっても差し支えない。

特筆すべきは買収資金の全額を自己資金で賄ったことだ。無借金経営の同社はキャッシュリッチな会社として知られ、自己資本比率は81%(2020年12月末、純資産額は928億円)という抜群の財務内容を誇る。

買収時のMISSIONの直近業績は売上高25億2000万円、営業赤字1400万円、純資産8500万円。これに対し、買収金額は破格に映るが、MISSIONの経営成績や財政状態、今後の成長性などを考慮し、今後10年間の利益計画を策定したうえで決定したという。

何が買収の決め手になったのか。理由は米国における既存事業とのシナジー(相乗効果)にほかならない。

長谷川香料が米子会社T.HASEGAWA U.S.A.(THUSA、カリフォルニア州)を設立したのは1978年。すでに現地で40年を超える業歴を持つ。スナック菓子、ドレッシング、調味料などに使われる塩味の効いたセイボリー系フレーバーの生産を主力とし、近年は市場規模が大きい飲料用香料にも力を入れている。

買収金額に見合うシナジーを引き出せるか

2017年にはTHUSAを通じて米進出以来初となるM&Aに取り組み、FLAVOR INGREDIENT HOLDINGS(FIH、カリフォルニア州)を約60億円で傘下に収めた。FIHは成長が見込まれる健康分野のほか、飲料分野を得意とする。

THUSAは2020年2月、FIHを吸収合併し、経営を一体化。次の一手として繰り出したのが今回のMISSION買収だ。スイート系を主力とするMISSIONとは顧客が重複せず、相互補完性が高く、販売・製造面でのシナジーが期待できると判断した。同じくカリフォルニア州内に本拠を置く地理的利点も考慮した。

米国では2件のM&Aで計200億円近くを投じたことになる。前回のFIH買収では約29億円ののれんを10年償却する計画だったが、買収時に想定した業績の進捗に遅れが生じていたことから、2019年9月期までに全額を減損処理した経緯がある。

今回のMISSIONでも同様のケースが当然予想されるだけに、買収後の統合プロセス(PMI)が一にも二にも重要になってくる。

長谷川香料の本社屋(東京・日本橋本町)

NEXT STORY

売手企業・買手企業で違う「売買希望金額」の落としどころ

売手企業・買手企業で違う「売買希望金額」の落としどころ

2021/03/10

中小企業がM&Aなどにより自社を売却したり、他社を買収する際、その対象となる会社を「いくらで売るか」「いくらで買うか」。その売買の値段は、どのようなプロセスを経ながら決まっていくのでしょうか。