【フマキラー】コロナ禍の中、好業績を背景に9年ぶりのM&A

alt
フマキラーの殺虫剤は蚊などの害虫から人々を守る(写真はイメージです)

殺虫剤3位のフマキラー<4998>が、およそ9年ぶりにM&Aに乗り出した。同社はスイスの農薬・種苗大手シンジェンタの日本法人であるシンジェンタジャパン(東京都中央区)からフラワー事業(種子、挿し穂など)を取得すると2021年2月1日に発表した。

種苗代理店や花卉生産者、ホームセンター、公園事業者などに対し、フマキラーのガーデニング製品と一緒に、種子などの取り扱いを提案することで事業を拡大するのが狙いで、数カ月以内にフラワー事業の取得を完了するという。

新型コロナウイルス感染症拡大による在宅勤務や外出の自粛要請などにより主力製品である殺虫剤の売り上げが大きく伸びているほか、感染症対策として需要が急増しているアルコール除菌剤の増産に踏み切ったことなどから同社の業績は好調に推移している。

この勢いに乗って、さらなるM&Aや増産などの可能性もありそうだ。

100年の歴史を持つ殺虫剤

フマキラーは1874年(明治7年)に薬種商として創業したのが始まり。現在の主力事業である殺虫剤部門は1920年に開発、発売した「強力フマキラー」が第一弾で、100年の歴史がある。

1963年に開発した電気式蚊取り器「ベープ」は60年近く経った現在でも販売されており、コロナ禍で需要が急増している「アルコール除菌スプレー」も誕生から25年ほどが経つ長寿商品だ。

同社は1973年にイタリアに「フマキラーイタリア」を設立したあと、マレーシアやインドネシア、インド、メキシコ、ミャンマーなどに進出し、海外市場の開拓に注力した。その結果、2020年3月期時点での海外の売上高構成比は45%に達している。

この間、殺虫剤のほかにアルコール除菌などの家庭用品、除草剤や肥料などの園芸用品、害虫駆除器などの業務用品に事業領域を拡大していった。

同社の大下一明社長は「オンリーワンの価値を持つフマキラーブランドの創造に全力を挙げる」と、さらなる新分野、新市場の開拓に意欲を見せる。

フマキラーの沿革
1874 創業(薬種商)
1890 屋号を「大下回春堂」(薬種商)と命名
1920 殺虫剤「強力フマキラー」を販売
1962 「フマキラー」に社名を変更
1963 電気式蚊取り器「ベープ」を開発
1964 東京証券取引所市場第二部に上場
1973 イタリアに「フマキラーイタリア」を設立
1976 マレーシアに「フマキラーマレーシア」を設立
1990 インドネシアに「フマキラーインドネシア」を設立
1996 キッチン用「アルコール除菌スプレー」を発売
1996 インドに「フマキラーインディア」を設立
2007 メキシコに「フマキラーアメリカ」を設立
2012 「テクノピア」「テクノピア・ジャカルタ」を子会社化
2019 ミャンマーに「フマキラーミャンマー」を設立
2021 シンジェンタジャパンからフラワー事業を取得

NEXT STORY

【アース製薬株式会社】「地球を、キモチいい家に。」 は 実現できるか

【アース製薬株式会社】「地球を、キモチいい家に。」 は 実現できるか

2017/07/20

『ごきぶりホイホイ』や『アースノーマット』、『モンダミン』等で有名なアース製薬は、殺虫剤などの衛生薬品の製造・販売を行い、フマキラー、エステー、小林製薬とともに日本を代表する日用品メーカーである。大塚製薬の傘下に入り、最近は国内外の企業とのM&Aや業務資本提携を積極的に進め海外展開を図る。株価もヒアリ特需が追い風となり右肩上がりだ。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5