M&A速報

JVCケンウッド<6632>、音楽・映像ソフト制作のテイチクエンタテインメントをブラザー工業<6448>グループへ売却

2015/03/27

JVCケンウッドは、音楽・映像ソフトの制作・販売を手がけるテイチクエンタテインメント(東京都渋谷区。売上高70億2000万円、営業利益2億3100万円、純資産11億円)の全所有株式(96.08%)を、ブラザー工業の子会社でカラオケ「JOYSOUND」を企画・開発するエクシング(名古屋市)に譲渡すると発表した。

音楽・映像ソフト販売事業が縮小傾向にある中、カラオケ事業を展開するエクシングとパートナーシップを構築することがテイチクの成長につながると判断した。

譲渡価額は非公表。譲渡は2015年4月下旬を予定している。

M&Aデータベース

関連の記事

「インクで儲ける」プリンターのビジネスモデルは考え直すべき

「インクで儲ける」プリンターのビジネスモデルは考え直すべき

2021/11/09

「プリンターを安く売り、高いインクで元を取る」というプリンターのビジネスモデルに、裁判所が「ノー」を突きつけた。互換インクを販売するエレコムなどがブラザー工業を相手取った訴訟で、互換インクを使えなくした設計変更を独占禁止法違反と認定したのだ。

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

2021/04/08

2008年に日本ビクターとケンウッドが統合して誕生して以来、波乱万丈の経営が続いてきたJVCケンウッド。2020年3月期の売上高は約2913億円と、経営統合時の約8200億円に比べ3分の1近くまで縮小している。巻き返しのカギはM&Aだ。

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

昭和シェル、パイオニア、日新製鋼など62社が「上場廃止」

2019/03/29

2018年度に上場廃止した企業は62社を数える。「カーナビ4強」のうちパイオニア、クラリオン、アルパインの3社が期せずして上場廃止に。70年の上場歴を持つ昭和シェル石油も出光興産との経営統合に伴い、東証銘柄から姿を消した。

ファッションアパレルのウィゴー(WEGO)、新株主と創業者復帰でリスタート

ファッションアパレルのウィゴー(WEGO)、新株主と創業者復帰でリスタート

2017/12/17

ストリート系ファッションのWEGO(ウィゴー)が今年3度目の社長交代となった。度重なる株主交代の背景は?ウィゴーに一体何が起きているのだろうか。

「陽はまた昇る」(2002年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<4>

「陽はまた昇る」(2002年)|一度は見ておきたい経済・金融映画&ドラマ<4>

2017/05/07

ビジネスパーソンなら一度は見ておきたい、おすすめの経済・金融映画を紹介する。今回は家庭用ビデオの規格競争の裏側を描いた「陽はまた昇る」。VHSに賭けた昭和のサラリーマンたちの姿に、胸アツになること間違いなしの作品です。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5