2020年10月2日、ホームセンター大手のDCMホールディングス<3050>は、同業中堅の島忠<8184>TOB株式公開買い付け)で子会社化すると発表した。ホームセンター業界の大再編を加速するTOBだが、思わぬ相手から「待った」がかかりそうだ。その相手とは国内家具販売最大手のニトリホールディングス<9843>。異業種間の「TOB戦争」にDCMはどう立ち向かうのか?

島忠TOBに「ニトリ参入」の衝撃

10月20日の「ニトリ参入」報道を受けて、島忠は翌21日に「具体的な提案は受領しておらず、決定している事項もありません」と静観の構え。DCMも計画通りTOBを進める方針だ。突如として「台風の目」となったニトリは同日「現時点で決定している事実はございません」としつつも、「島忠も含め、M&Aを通じた成長の可能性を日々検討しています」と、名指しで買収のターゲットであることを明らかにしている。

「ニトリ参入」報道が飛び出すと、4190円前後で張り付いていた島忠株が翌21日午前9時30分には買付価格を500円も上回る4735円に急騰。22日朝には4980円で寄り付いた。DCMは島忠株を1株4200円で11月16日まで買い付けているが、ニトリが参入すれば島忠株がさらに高騰するのは避けられない。そうなるとDCMは買付価格を引き上げるか、TOBから撤退するしかなくなる。

ニトリの2020年2月期売上高は6422億円。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大にもかかわらず、2021年2月期の業績予想では売上高7026億円と増収を見込んでいる。豊富な手持ち資金もあり、TOB合戦となるとDCMは厳しい戦いを強いられそうだ。

対するDCMはM&Aの経験が豊富だ。ホームセンター再編の旗手として、M&Aで同期に売上高4373億円と、業界首位でベイシアグループ傘下にあるカインズ(埼玉県本庄市)の売上高4410億円に迫る大手グループに成長した。

順位(統合時)社  名売上高
(1)DCMホールディングス・島忠 連合(TOB進行中)5908
(1)DCMホールディングス・ケーヨー 連合(予定なし)
5449
1カインズ4410
2DCMホールディングス4373
3コーナン商事3746
4コメリ3485
(5)アークランドサカモト・LIXILビバ 連合(TOB成立)3011
5ナフコ2177
6LIXILビバ1885
7島忠1535
8アレンザホールディングス1376
9ジョイフル本田1249
10アークランドサカモト
1126
11ケーヨー1076