M&A速報

東京特殊電線<5807>、ハードディスクドライブ事業のフィリピン子会社をアイスランドBelton社へ譲渡

2012/08/31

東京特殊電線は、ベルトン・トウトク・テクノロジーの持分および東京特殊電線の子会社であるフィリピンTotoku Philippines, Inc.(ラグナ州。売上高17億4000万円、営業利益5300万円、純資産7億5700万円)の全株式をBELTONTOTOKU Technology(HK)に譲渡し、その対価としてBELTONTOTOKU Technologyから新たな株式の発行を受けることを決議した。また、ドライブ用コイル加工品事業を、2012年11月1日に会社分割(簡易新設分割)により、新たに設立する合同会社ベルトン・トウトク・テクノロジー(新潟県柏崎市)へ継承する。分割する事業の売上高は33億8000万円、営業利益は2億2000万円。

譲渡価額は未定。譲渡予定日は2012年11月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

2021/04/08

2008年に日本ビクターとケンウッドが統合して誕生して以来、波乱万丈の経営が続いてきたJVCケンウッド。2020年3月期の売上高は約2913億円と、経営統合時の約8200億円に比べ3分の1近くまで縮小している。巻き返しのカギはM&Aだ。

M&A速報検索

クリア