パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(以下、パン・パシフィック)<7532>は、「ドン・キホーテ」をはじめ大型ディスカウントストアやスーパーなどを傘下に持つ流通サービス業の持株会社だ。

M&Aで業界ナンバーワンに

同社の起源は1978年10月に創業者の安田隆夫最高顧問が西荻窪に開いた、店舗面積60平方メートル足らずの雑貨店「泥棒市場」にさかのぼる。泥棒市場は主に在庫処分品を格安で販売する、いわゆる「バッタ屋」だった。

この格安販売が後の「ドン・キホーテ」につながる。安田最高顧問が夜中に商品陳列をしていたところ営業中と勘違いして買い物客が立ち寄ったことが、ドン・キホーテの深夜営業のルーツ。さらには商品を積み上げ「どこにどの商品があるか分からない」という「圧縮陳列」も、泥棒市場の狭い店舗に商品を並べる苦肉の策から出たアイデアだ。

安売りの「勝利の方程式」を身につけた安田最高顧問は「消費者に良い品をより安く販売する」を旗印に、平成時代が幕を開けたばかりの1989年3月にドン・キホーテ1号店の府中店(東京都府中市)をオープンした。

その後の「快進撃」は、よく知られている。現在は国内ディスカウントストア業界の最大手であり、市場シェアは半分近い。もはや同業種でドン・キホーテを脅かす者は存在しないと言っていいだろう。

パン・パシフィックの祖業であり主力事業の「ドン・キホーテ」店頭風景(池袋駅西口店)

その原動力となったのが「M&A」だ。同社が大型M&Aに乗り出したのは2007年のこと。この年に取引総額が140億円を超える案件を二つ実現した。一つはホームセンターのドイト、もう一つはスーパーマーケットの長崎屋だ。同社が最初に取り組んだ2件のM&Aは、明暗がくっきり分かれることになる。