M&A速報

MCJ<6670>、子会社iiyamaの国内産業用モニター事業を東京特殊電線<5807>へ譲渡

2008/03/31

MCJは、子会社iiyama(東京都千代田区)が手がける国内産業用モニター事業を東京特殊電線に譲渡することを決定した。

iiyamaは主力の汎用モニターのほか、大型・小型ディスプレーやタッチパネルなどの産業用モニターを販売している。MCJは、同じく子会社でパーソナルコンピューターや周辺機器を開発・製造・販売するマウスコンピューター(東京都千代田区)とiiyamaを合併させることを決定しており、産業用モニター事業については売却することにした。今後は、経営資源を汎用モニターに集中させる。

譲渡価額は未定。譲渡予定日は2008年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

【JVCケンウッド】巧みなM&Aで長期低迷からの浮上を目指す

2021/04/08

2008年に日本ビクターとケンウッドが統合して誕生して以来、波乱万丈の経営が続いてきたJVCケンウッド。2020年3月期の売上高は約2913億円と、経営統合時の約8200億円に比べ3分の1近くまで縮小している。巻き返しのカギはM&Aだ。

敵か味方か 「大株主」の存在とは

敵か味方か 「大株主」の存在とは

2018/04/05

UACJが2月末に内定した首脳人事の差し戻しを含めて再検討していることが明らかになった。終始「ノー」を主張してきたのが筆頭株主の古河電気工業。日本ペイントHDは筆頭株主が推す取締役を6人受け入れた。敵か、味方か、企業経営にとって「大株主」とはー。

関連のM&A速報

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5