減損損失の記事一覧

【帝人】未来の社会を支える会社を目指しM&Aを加速

【帝人】未来の社会を支える会社を目指しM&Aを加速

合成繊維大手の帝人がM&Aを加速している。同社は2020年12月、2021年1月、2月と3カ月連続でM&Aを発表(適時開示情報)した。中期経営計画にM&A枠を設けており、M&Aによる事業の成長に前向きだ。同社が目指す企業像とはどのようなものなのか。

記事を読む
「築地銀だこ」のホットランド、最終赤字転落も本業の儲けはしっかり 

「築地銀だこ」のホットランド、最終赤字転落も本業の儲けはしっかり 

たこ焼き「築地銀だこ」を主力とするホットランドが最終赤字に転落することになった。ただ本業の儲けを示す営業損益は黒字を確保する見通しで、大打撃を受けている居酒屋などの業態と比べると健闘している。

記事を読む
​ゼビオの東京ヴェルディ買収で早くも減損 そこに経済的意義はあるのか?

​ゼビオの東京ヴェルディ買収で早くも減損 そこに経済的意義はあるのか?

「買収後ただちにのれんを減損する」という大変珍しいプレスリリースがゼビオ<8281>から2020年12月25日付で公表されました。そこに経済的意義はあるのか、考えてみたいと思います。

記事を読む
いきなりステーキ、事業売却益73億を計上するも債務超過を脱せず

いきなりステーキ、事業売却益73億を計上するも債務超過を脱せず

いきなりステーキのペッパーフードサービスの2020年12月期第3四半期の純損失額は33億400万円となりました。ペッパーランチの売却益73億2,000万円を計上しましたが、依然として2億5,000万円の債務超過と苦しい状況に追い込まれています。

記事を読む
幸楽苑が通年の賞与不支給を決定、競合日高屋と差がついた理由は

幸楽苑が通年の賞与不支給を決定、競合日高屋と差がついた理由は

幸楽苑の上期売上高が前期比37.4%減の129億4,600万円となりました。上期売上高の減少幅は競合日高屋の33.1%減を上回りました。営業損失は12億300万円で、純損失は9億4,300万円。幸楽苑は冬のボーナスカットを決定しています。

記事を読む
ゼットンを連結から外したDDHD、ワラントで瀬戸際経営が続く

ゼットンを連結から外したDDHD、ワラントで瀬戸際経営が続く

居酒屋運営のDDホールディングスが、ワラントによって28億3,900万円を調達します。同じ時期に連結子会社ゼットンが第三者割当増資を実施。それにより、ゼットンは持分法適用会社となりました。DDは本体の立て直しに必死です。

記事を読む
三菱重工「航空機凍結」で買収したボンバルディア事業はどうなる

三菱重工「航空機凍結」で買収したボンバルディア事業はどうなる

三菱重工業が「スペースジェット」事業を凍結するとの観測が広がっている。同社は2020年6月にカナダの航空機大手ボンバルディアの小型旅客機「CRJ」の保守・販売サービス部門の買収が完了したばかり。事業凍結されれば、買収した事業はどうなるのか?

記事を読む
雪国まいたけの再上場を仕掛けた投資ファンド「ベインキャピタル」とは

雪国まいたけの再上場を仕掛けた投資ファンド「ベインキャピタル」とは

ベインキャピタルは1984年に米国で設立されたPEファンドです。キリン堂のMBO、東芝のメモリ事業のカーブアウトとキオクシアの上場、雪国まいたけの再上場など、話題のM&Aに欠かせない存在となっています。精鋭が集うベインキャピタルとはどのようなファンドなのでしょうか。

記事を読む
債務超過寸前の塚田農場、本社機能を店舗跡に移して苦肉の経費削減策

債務超過寸前の塚田農場、本社機能を店舗跡に移して苦肉の経費削減策

居酒屋「塚田農場」を運営するエー・ピーカンパニーが2021年3月期第1四半期で14億9600万円の純損失を計上。純資産は4900万円となり、債務超過寸前となりました。大門の本社を引き払い、池袋の元居酒屋店に移転して経費削減に努めています。

記事を読む
赤字転落の「牛丼」大手3社 回復には明暗が

赤字転落の「牛丼」大手3社 回復には明暗が

ゼンショーホールディングス、吉野家ホールディングス、松屋フーズホールディングスの牛丼大手3社の第1 四半期決算が出そろい、3社ともに営業損益、経常損益、当期損益がいずれも赤字に陥った。

記事を読む
アドバンテッジから100億円調達のペッパーフードに再興の兆し

アドバンテッジから100億円調達のペッパーフードに再興の兆し

ペッパーフードサービスは2020年12月期第2四半期で79億1100万円の純損失を計上しました。これにより、55億5900万円の債務超過に陥りました。アドバンテッジを引受先とする100億円の第三者割当増資を実施して立て直しを図ります。

記事を読む
日産、20年前の「悪夢」再来の危機! 最終赤字が過去最大級に

日産、20年前の「悪夢」再来の危機! 最終赤字が過去最大級に

日産自動車が20年前の悪夢再来の危機にある。2021年3月期の最終損益が6700億円の赤字となる見通しを発表した。最終赤字が2年連続となるのは「日産危機」の真っ只中だった1998年3月期から赤字が3年にわたって以来で、問題は深刻だ。

記事を読む
債務超過のカラオケの鉄人、創業者の資産管理会社から15億を調達

債務超過のカラオケの鉄人、創業者の資産管理会社から15億を調達

「カラオケの鉄人」を運営する鉄人化計画にGC注記が付きました。新型コロナ感染拡大で第3四半期で3億4800万円の営業損失を計上。通期で9億5000万円の営業損失、純損失を16億円を計上します。同社は創業者の資産管理会社から15億円を調達しました。

記事を読む
「洋菓子のヒロタ」が債務超過に転落、新型コロナが利益を直撃

「洋菓子のヒロタ」が債務超過に転落、新型コロナが利益を直撃

「洋菓子のヒロタ」を運営する21LADYが2020年3月期に債務超過に陥りました。超過額は1億6700万円。新型コロナウイルスが売上を直撃し、営業損失1億6400万円を計上したことや、2億3600万円の固定資産の減損損失をしたことが大打撃となりました。

記事を読む
「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

「ミネラル麦茶」の石垣食品、債務超過で上場廃止の崖っぷちへ

「ミネラル麦茶」でおなじみの石垣食品が上場廃止の猶予期間入り銘柄に指定されました。2020年3月期に債務超過に陥ったため。2021年3月末までに債務超過が解消されないと、上場廃止になります。戦略的な企業買収があだとなりました。

記事を読む
赤字転落相次ぐ飲食業「はなの舞」「さかなや道場」のチムニーは最終赤字28億円

赤字転落相次ぐ飲食業「はなの舞」「さかなや道場」のチムニーは最終赤字28億円

居酒屋の「はなの舞」や「さかなや道場」を運営するチムニーは2020年6月23日に、2020年3月期の当期損益が28億1200万円の赤字に転落したと発表した。

記事を読む
RIZAPが2年連続赤字、「コロナ後に強い会社に生まれ変わる」瀬戸社長

RIZAPが2年連続赤字、「コロナ後に強い会社に生まれ変わる」瀬戸社長

新型コロナの影響下、RIZAPグループがもがいている。2020年3月期決算は2年連続の営業・最終赤字となった。瀬戸健社長は「コロナ(の危機)が明けたときに、強い強い会社として生まれ変わりたい」と決意を語った。

記事を読む
ソフトバンクG・日産・日本製鉄…巨額赤字が続出した3月期決算

ソフトバンクG・日産・日本製鉄…巨額赤字が続出した3月期決算

上場企業の3月期決算は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、業績に急ブレーキがかかった。そうした中、目立つのが巨額赤字への転落だ。ソフトバンクグループの9615億円を筆頭に、日産自動車、日本製鉄など1000億円を超える最終赤字は7社に及ぶ。

記事を読む
レストランひらまつが赤字転落、元マクドナルド執行役員が新社長に

レストランひらまつが赤字転落、元マクドナルド執行役員が新社長に

レストラン運営のひらまつが19億5300万円の純損失を計上しました。新型コロナウイルスで売上が激減したことに加え、収益性の悪化した9店舗に対して19億7500万円の減損損失を計上したため。それを受けて経営陣を一新する新体制を打ち出しています。

記事を読む
消えた売上高  5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

消えた売上高 5兆円が目前「リーガル」「銀座ルノアール」も新型コロナで苦境に

新型コロナウイルスの影響で業績を下方修正した上場企業の消失した売上高の合計が5兆円に迫ってきた。帝国データバンクが、適時開示情報を基に新型コロナウイルスの影響で業績予想を下方修正した企業について集計した。

記事を読む
コロナの「のれん」減損が大打撃となりそうな居酒屋企業ランキング

コロナの「のれん」減損が大打撃となりそうな居酒屋企業ランキング

新型コロナウイルスの自粛要請により、居酒屋企業は大ダメージを受けました。今後懸念されるのは「のれん」の減損による大規模な特別損失の計上と、それによって債務超過に陥る企業が出てしまう可能性があること。「のれん」の比率が高い居酒屋企業はどの会社でしょうか。

記事を読む
スポーツクラブが悲鳴! コロナで「入会減・退会増」の八方ふさがり

スポーツクラブが悲鳴! コロナで「入会減・退会増」の八方ふさがり

スポーツクラブ大手の2020年3月期決算は軒並み、減収減益に見舞われた。新型コロナの感染拡大で3月以降、臨時休業に入ったことで休会者や退会者が急増。さらに春の入会者獲得も完全にあてが外れ、先行きの業績にも暗雲が漂っている。

記事を読む
結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

結婚式場にも波及するコロナ倒産 大手ウエディング企業への影響は

コロナの影響がウエディング業界にも波及しています。浜松の結婚式場「ウエディング・セントラルパーク」のラビアンローゼが民事再生法の適用を申請しました。熊本の「アンジェリーク平安」も破産をしています。婚礼キャンセルが業界に大打撃を与えています。

記事を読む
ラーメン店「一風堂」の力の源HDが上場来初の赤字に転落 新型コロナが直撃

ラーメン店「一風堂」の力の源HDが上場来初の赤字に転落 新型コロナが直撃

ラーメン店「一風堂」などを運営する力の源ホールディングスが2017年3月の上場以来、初めてとなる最終赤字に転落する。2025年までに国内外600 店舗の達成を目指す中期計画の見直しも。

記事を読む
業績悪化が止まらない「イオン」子会社 4社が赤字に

業績悪化が止まらない「イオン」子会社 4社が赤字に

イオン子会社の業績悪化が止まらない。ミニストップ、ジーフット、イオンファンタジー、マックスバリュ西日本の4社が業績を相次いで下方修正した。イオンは当初予想通りの増収増益を達成することができるか。

記事を読む