M&A速報

東京海上ホールディングス<8766>、米ハワイ州の損保First Insurance Company of Hawaiiを完全子会社化

2011/08/11

東京海上ホールディングスは子会社の東京海上日動火災保険(東京都千代田区)を通じて、米国ハワイ州の損害保険会社であるFirst Insurance Company of Hawaii, Ltd.(FICOH、総収入保険料約135億円、純資産約239億円)の株式50%を追加取得し完全子会社化すると発表した。取得価額は約129億円。取得日は未定。

FICOHは米国の大手保険グループCNA Financial Corporation(イリノイ州)の傘下で、創業1911年のハワイ州で最古の損害保険会社。東京海上日動は1989年に同社の株式40%を取得し、1999年に比率を50%に引き上げホノルル支店をFICOHに統合している。今後は、グループの高格付け・保険引受能力やバックオフィス業務を組み合わせることで、米国保険事業の収益拡大を目指す。

M&Aデータベース

関連の記事

東京海上ホールディングスからMBOで独立した投資ファンド「ティーキャピタルパートナーズ」とは

東京海上ホールディングスからMBOで独立した投資ファンド「ティーキャピタルパートナーズ」とは

2021/06/27

東京海上ホールディングスの傘下にあった東京海上キャピタルは、2019年9月にMBOを実施して独立系投資ファンドとなりました。

【楽天】(2) 「脱・通信販売」を見すえたM&Aにアクセル

【楽天】(2) 「脱・通信販売」を見すえたM&Aにアクセル

2018/06/26

M&Aで巨大企業になった代表銘柄の楽天。大手国内インターネット通販(EC)サイト「楽天市場」で成長し、2017年4月までに国内で10件のEC関連企業買収を成し遂げた。が、2017年以降はEC企業の買収はなく、脱通信販売の傾向が強まっている。

損保業界が介護事業の主役に?

損保業界が介護事業の主役に?

2017/09/22

2000年にスタートし、3年ごとに改正されてきた介護保険制度。2018年には、これまでの2割負担の人のうち、所得の高い層の負担割合が3割になる。介護をめぐる情勢の変化への対応に、介護事業者側も目の放せない状況が続く。

潮目が変わった日本のM&A 日本企業による外国企業へのM&A(下) 早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー

潮目が変わった日本のM&A 日本企業による外国企業へのM&A(下) 早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー

2017/08/10

連載第3回は、国内企業が海外企業にM&Aを仕掛ける(IN-OUT)の動向について、日本のM&A動向に詳しい早稲田大学の宮島英昭教授にお話を伺った。

【東京海上ホールディングス】積極果敢なクロスボーダーM&Aで海外売り上げ拡大

【東京海上ホールディングス】積極果敢なクロスボーダーM&Aで海外売り上げ拡大

2016/08/13

国内の3大メガ損保の一つである東京海上ホールディングス。同社のM&Aの特徴は、2001年から翌年にかけての東京海上保険と日動火災保険の統合すなわち国内においての統合と、その後におけるクロスボーダーM&Aにある。近年加速させているクロスボーダーM&Aを中心に見てみる。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5