M&A速報

三菱地所<8802>、物流施設運営の東京流通センターを子会社化

2016/08/22

三菱地所は、持ち分法適用関連会社で物流ビル・オフィスビルの賃貸・運営管理を手がける東京流通センター(東京都大田区。売上高73億7000万円、営業利益13億2000万円、純資産308億円)の株式を追加取得し子会社化した。取得後の株式所有割合は議決権ベースで55.92%となった。三菱地所が2013年度から本格的に参入した物流施設事業との相乗効果が狙い。取得価額は非公表。取得日は2016年8月15日。

東京流通センターは1967年設立で、羽田空港近くの平和島に物流センターを持つ。2017年夏には最新鋭の物流ビル新B棟(仮称)の竣工を予定している。

M&Aデータベース

関連の記事

ぴあ 三菱地所と資本業務提携 新株発行で20億円を調達

ぴあ 三菱地所と資本業務提携 新株発行で20億円を調達

2021/05/24

チケット販売大手のぴあは5月13日、三菱地所との資本・業務提携を発表した。三菱地所がぴあの第三者割当による新株(所有割合4.44%)を引き受けるほか、イベントを両社で企画する。新株発行で約20億円の資金を調達する予定。

【コロナ倒産】飲食、宿泊業まとめ。「点と線」で有名なあの店も

【コロナ倒産】飲食、宿泊業まとめ。「点と線」で有名なあの店も

2020/04/10

4月7日に新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発令され、映画館やライブハウス、運動施設だけでなく、居酒屋、カラオケ、マンガ喫茶なども休業が要請されることとなります。また、休日の旅行は大幅に制限され、飲食店や宿泊施設は甚大な影響を受けます。

五輪コロナ延期なら選手村リノベ物件「晴海フラッグ」はどうなる

五輪コロナ延期なら選手村リノベ物件「晴海フラッグ」はどうなる

2020/03/17

新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を受けて、2020年の東京五輪の延期が現実味を帯びてきた。そうなると経済的な打撃はもちろんのこと、社会の混乱も避けられない。その象徴的な案件が東京都中央区の「HARUMI FLAG(晴海フラッグ)」だ。

進む田町の再開発! 「ムスブ田町」の全貌と飲食店を紹介

進む田町の再開発! 「ムスブ田町」の全貌と飲食店を紹介

2019/06/07

三井不動産、三菱地所、東京ガスの共同プロジェクト「ムスブ(msb)田町」。2018年秋に商業ゾーンがオープンしました。2020年春には「ステーションタワーN」が開業。ペデストリアンデッキが開通して、田町再開発の大型プロジェクトは完成します。

宇都宮、熊本パルコ閉館! ブランド集客戦略は終焉を迎えたか

宇都宮、熊本パルコ閉館! ブランド集客戦略は終焉を迎えたか

2019/04/05

宇都宮、熊本パルコの閉館が決まりました。パルコは主要駅近辺の中心街に出店し、10代~20代の若者を引き込むことに成功。時代を先取りしたファッションテナントに強みを持ち、パルコが一つのブランドとして成立していました。今、潮目は変わっています。

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

【2018年2月M&Aサマリー】買収は53件…「適時開示」ベース

2018/03/02

東証の「適時開示」ベースで、2月の買収案件(グループ内再編は除く)は53件となり、前月より8件増えた。IN-OUT型M&Aが9件あり、コシダカホールディングスは女性向けフィットネスの米カーブスを約185億円で傘下に収める。

潮目が変わった日本のM&A 日本企業による外国企業へのM&A(下) 早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー

潮目が変わった日本のM&A 日本企業による外国企業へのM&A(下) 早稲田大学・宮島英昭教授インタビュー

2017/08/10

連載第3回は、国内企業が海外企業にM&Aを仕掛ける(IN-OUT)の動向について、日本のM&A動向に詳しい早稲田大学の宮島英昭教授にお話を伺った。

トランプ大統領就任 米国でM&Aに動きそうな企業は?

トランプ大統領就任 米国でM&Aに動きそうな企業は?

2017/01/04

1月20日、米国でトランプ大統領が就任する。大胆な減税やインフラ投資の拡大、規制緩和を掲げるトランプ氏の経済政策への期待を背景に今年は日本企業の対米M&Aが増えそうだ。どんな企業が米国でM&Aに動きそうなのか。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5