menu
Social media

M&Aニュース

M&Aニュース

ヤマダ電機<9831>、エス・バイ・エル<1919>株式に対する公開買付を実施。

ヤマダ電機は、エス・バイ・エルの筆頭株主であるユニファイド・パートナーズが保有するエス・バイ・エル株式67,400,000株(発行済み株式の40.00%)を取得するとともに、エス・バイ・エルが実施する第三者割当増資を引き受けることにより、エス・バイ・エルを連結子会社とすることを目的として、公開買付けを実施する。

買付期間は、平成23年8月15日から10月4日まで。

買付価格は、1株につき金62 円。

買付予定数は、85,000,000株。

買付総額は、5,270百万円。

この公開買付には、買付予定数に下限(67,400,000株)及び上限(85,000,000株)が設定されており、応募株券等の数が下限に満たない場合は、応募株券等の全部の買付を行わず、また上限を超える場合は、その超える部分の全部又は一部の買付は行わない。

今回の買付価格には、本日のエス・バイ・エル株式の終値で計算した場合、約7%のプレミアムが付されている。

また、この公開買付終了後、ヤマダ電機はエス・バイ・エルが実施する第三者割当増資35,000,000株を引き受ける。

これによりヤマダ電機は、公開買付が買付予定数の下限にて成立した場合には50.32%、買付予定数の上限にて成立した場合には、58.96%の株式を保有することになる。

関連の記事

関連のM&Aニュース