セブン&アイ・ホールディングスの完全子会社であるセブン&アイ・ネットメディアは、ニッセンホールディングスの普通株式を公開買付けにより取得すること及びニッセンホールディングスの第三者割当増資の引受けを発表した。なお、セブン&アイ・ホールディングス、セブン&アイ・ネットメディア及びニッセンホールディングスとの間において、資本業務提携契約を締結している。また、この公開買付けが成立した場合、今回の公開買付け及びニッセンホールディングスの第三者割当増資を通じて、ニッセンホールディングスはセブン&アイ・ホールディングスの連結子会社となる予定である。

買付け等の期間は、平成25年12月3日(火曜日)から平成26年1月22日(水曜日)まで(30営業日)を予定している。

買付け等の価格は、普通株式1株につき金410円(平成25年11月29日の終値322円で計算したプレミアムは27.33%)。

買付予定数は、30,786,100株(買付予定数の下限は18,444,400株、上限は30,786,100株)。

応募株券等の総数が買付予定数の下限に満たない場合は、応募株券等の全部の買付けを行わず、上限を超える場合は、その超える部分の全部又は一部の買付けは行わないとしている。

買付予定総額は、12,622百万円。

この公開買付けでは、ニッセンホールディングスの上場廃止を企図するものではなく、買付予定数の上限を設定しているので、引き続き上場が維持される予定である。

ニッセンホールディングスの取締役会は、この公開買付け等に賛同する意見を表明している。