セブン&アイ・ホールディングスは米子会社を通じ、コンビニエンスストア事業を手がけるSunoco LP(テキサス州。純資産約2550億円)からコンビニエンスストア1108店舗とガソリン小売事業の一部を取得することを決議した。

Sunocoはテキサス州や米東部エリアなどセブン&アイグループの出店地域に数多く店舗を展開する。セブン&アイは米国事業を強化しており、今回の事業取得により店舗網を拡充し、物流効率など利便性の向上を図る。また、取得する店舗では今後15年間Sunocoよりガソリンの供給を受ける契約を結ぶ。対象事業の営業収益は約8370億円、営業利益は約112億円。

取得価額は約3650億円。取得日は2017年8月を予定している。