M&A速報

川金ホールディングス<5614>、東理ホールディングス<5856>傘下の東京理化工業所を子会社化

2016/08/25

川金ホールディングスは、東理ホールディングスの連結子会社でダイカスト製品メーカーの東京理化工業所(福島県白河市。売上高23億9000万円、営業利益7500万円、純資産4億700万円)の株式95%を取得し、子会社化することを決議した。残りの5%の株式は川金ホールディングス代表取締役社長の鈴木信吉氏が取得の予定。

東京理化工業所は1946年設立で、アルミダイカストメーカーとして自動車や通信機器、事務機器など様々な製造・加工技術を保有している。川金ホールディングスは東京理化工業所を傘下に取り込むことで、アルミダイカストを商品ラインナップに加え、顧客に提供できる材質や形状の一層の拡充を図る。取得価額は1億1600万円。取得予定日は2016年10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

上場企業によるM&A、相次ぐ「破談」|150億円買収の白紙撤回も

上場企業によるM&A、相次ぐ「破談」|150億円買収の白紙撤回も

2021/10/18

上場企業が関与するM&A案件の破談がここへきて目立つ。8月から3カ月連続で各1件発生しており、なかには買収金額150億円の大型案件が白紙に戻ったケースも含まれる。いったん合意しながら破談した案件は今年に入って6件を数える。

再びMBOが増える理由は?「脱上場」企業が9年ぶりに2ケタに

再びMBOが増える理由は?「脱上場」企業が9年ぶりに2ケタに

2020/11/10

2020年の上場企業におけるMBO(経営陣による買収)が10件に達し、9年ぶりに2ケタに乗せた。いずれも株式の非公開化を目的とし、上場企業の看板を返上する決断だ。究極の買収防衛策ともいわれるMBOが再び増えているのには理由があるのだろうか?

【9月M&Aサマリー】2カ月連続で前年下回る61件|ソフトバンクGは英アームを4.2兆円で売却

【9月M&Aサマリー】2カ月連続で前年下回る61件|ソフトバンクGは英アームを4.2兆円で売却

2020/10/05

2020年9月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月比8件減の61件だった。前年を下回るのは2カ月連続。前月比では7件減った。新型コロナの状況下、1~9月の累計件数では前年と同水準を維持しているものの、足元では一服感が広がってきた形だ。

M&A速報検索

クリア