富士フイルムホールディングス<4901>は、米事務機器大手のゼロックス(コネチカット州)を子会社化することを決議した。ゼロックスと合弁子会社の富士ゼロックスを経営統合させたうえで、統合後のゼロックスの第三者割当増資を引き受け、株式の50.1%を保有する。株式取得額は6710億円。2018年9月までに株式取得を完了させる予定。

富士ゼロックスは1962年設立で、富士フィルムHDが75%、ゼロックスが25%を出資する。富士ゼロックスは日本やアジア、ゼロックスは欧米を中心に事業を展開している。富士フイルムHDの傘下となるゼロックスは「富士ゼロックス」に社名を変更する。新・富士ゼロックスはニューヨーク証券取引所(NYSE)上場を維持する。