いすゞ自動車の子会社のアイメタルテクノロジーは、いすゞ自動車の関連会社のテーデーエフ(宮城県柴田郡)、自動車部品工業(神奈川県海老名市)と経営統合することを決議した。3社は株式移転により、2013年10月1日付で共同持ち株会社を設立した上で、その傘下に入る。

東京証券取引所市場第2部に上場している3社は上場廃止となり、代わって共同持ち株会社が上場する。

いすゞ自動車は共同持ち株会社の発行済株式総数の約41%を保有することとなり、共同持ち株会社の取締役会を構成する取締役の過半数はいすゞの出身者となるため、共同持ち株会社はいすゞの子会社となる。

株式移転比率はアイメタルテクノロジー0.34:テーデーエフ0.40:自動車部品工業1。アイメタルテクノロジーの株式1株に対し共同持ち株会社株式0.34株、テーデーエフの株式1株に対し共同持ち株会社株式0.40株、自動車部品工業の株式1株に対し共同持ち株会社の普通株式1株を割り当てる。

経営統合により3社は、ASEAN地域を中心とした海外事業の迅速な展開による事業拡大、国内事業の進化・発展、顧客基盤の拡大を目指す。