セイコーエプソンは、子会社で眼鏡関連商品の販売事業を行うセイコーオプティカルプロダクツ(東京都中央区。売上高230億、営業利益2億7300、純資産9億200万円)を通じ、光学機器メーカーHOYA(東京都新宿区。売上高3600億円)に光学事業(眼鏡レンズの開発、製造および販売)を譲渡することを決議した。

セイコーエプソン、HOYA両社事業資産の統合によりグローバルな展開を図る。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2013年2月1日。