2019年第1四半期(1-3月)の国内株式TOBの概況

2019年第1四半期に公表された国内株式を対象とするTOBは15件でした。直前四半期の公表件数は1つの対象会社に対する2段階TOBをまとめて1件とカウントして実質13件、前年同期の公表件数は8件でしたので、TOB市場は前年同期比ではやや活性化し、直前四半期からは横ばいで、一定の活況を維持した状況にあります。

15件のうち、2件が親子上場会社における上場子会社の非上場化を目的として実施したものでした。また、上場子会社を他社に売却するものが1件ありました。他方、上場を維持する連結子会社化を目的としたものが1件あり、全体として親子上場数は2社の減少となりました。

また、市場の注目を大きく集めた取引として、ベインキャピタルをスポンサーとする廣済堂<7868>MBOを目的としたTOBと、それに対抗する村上ファンド系の南青山不動産によるTOBが実施されましたが、いずれも不成立に終わっています。

他に大きく注目された取引に、伊藤忠商事<8001>によるデサント<8114>を対象とする敵対的TOBが実施され、こちらは目論見通りの成立となっています。

その他、MBOが上記の廣済堂の案件以外に2件、ファンドによるバイアウトが廣済堂案件以外に1件、スクイズアウトを伴う上場会社によるバイアウトが2件、持分法適用会社化を目的とした事業会社によるTOBが1件、非上場連結子会社の持ち分買い増しのためのTOBが1件、筆頭株主の持ち分売却のためのマイナスプレミアムによる形式的TOBが1件ありました。

図1 親会社による上場子会社の完全子会社化

買付企業対象企業TOBプレミアム
SCSKべリザーブ28.65%
SCSKJIEC40.52%

(筆者作成)

図2 上場子会社の売却

買付企業対象企業TOBプレミアム
フォルシアグループクラリオン(*)0.81%

    (*)クラリオンは日立製作所<6501>の上場子会社であった。

(筆者作成)

 図3 上場を維持する子会社化

買付企業対象企業TOBプレミアム
NTTデータネットイヤーグループ98.60%

(筆者作成)

 図4 MBOとそれに対抗するTOB

買付企業対象企業TOBプレミアム
ベインキャピタル廣済堂NA(不成立)
南青山不動産(対抗)廣済堂NA(不成立)
ジェイ・ケイ・イーエヌ・デーソフトウェア33.12%
TMKフーマイスターエレクトロニクス43.55%

(筆者作成)

図5 敵対的TOB(持分法の枠内での影響力強化)

買付企業対象企業TOBプレミアム
伊藤忠商事デサント30.6%

(筆者作成)

図6 ファンドによるバイアウト

買付企業対象企業TOBプレミアム
オーシャンホールディングスオリオンビールNA(非上場)

(筆者作成)

 図7 事業会社によるバイアウト

買付企業対象企業TOBプレミアム
合同製鐵朝日工業1.07%
ミネベアミツミユーシン0.31%

(筆者作成)

図8 上場持分法適用会社化

買付企業対象企業TOBプレミアム
ビーエムアイ・ホスピタリティ・サービス・リミテッドジェクシード47.06%

(筆者作成)

図9 非上場連結子会社の持ち分買い増し

買付企業対象企業TOBプレミアム
エイチ・アイ・エス九州産業交通HDNA(非上場)

(筆者作成)

図10 形式的TOB(実質的相対取引)

買付企業対象企業TOBプレミアム
カイカアイスタディ-12.01%

(筆者作成)