menu
Social media

M&Aアーカイブス

M&Aアーカイブス

【ソフトバンク】大型M&Aの新たな幕開け 3.3兆円でARM買収、次は10兆円ファンド

Cover 2565eba3 35f9 413a 8fed 6ab6507be748

大型M&Aの新たな幕開け

 ソフトバンクグループ<9984>は2016年7月、ロンドン証券取引所に上場している英国の半導体回路設計大手ARM(アーム)ホールディングス(以下「ARM」)を約3.3兆円(約240億ポンド)で買収すると発表した。孫氏がARMのスチュアート・チェンバース会長とトップ交渉を行い、交渉開始から合意に至るまで2週間という電撃的な買収劇であった。

 ソフトバンクは、ボーダフォン(買収価額1兆7500億円)やスプリント(買収価額1兆8000億円)の買収等、数多くの大型M&Aに挑戦してきたが、ARMの買収は、買収価額で過去最高の取引となる。ソフトバンクは、ARMを、グローバルな半導体の知的所有権と「IoT(モノのインターネット)」における優れた能力を有し、イノベーションに実績のある世界有数のテクノロジー企業と評価、再び、大型M&Aによるパラダイムシフトに挑戦する。

ソフトバンクの主なM&A(2016年以降)

年月 内容
2016.6 アリババ株式の一部を、アリババ、アリババのパートナー企業、政府系ファンド等に売却する。売却総額は約100億ドル。
2016.6 スーパーセル株式をテンセントの関係会社に約7700億円で売却。
2016.6 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下「ガンホー」)株式を、ガンホーが実施する公開買付に応募して売却(730億円)
2016.7 ロンドン証券取引所に上場している英国の半導体回路設計大手ARMホールディングス株式100%を3.3兆円で買収。

 ARMの財務は図1の通り。直近の2015年12月期の売上9.68億ポンド(当時の為替相場で約1791億円)、営業利益4億ポンド、当期利益3億ポンドの企業だ。純資産は17.9億ポンドとなっており、投資額240億ポンドから純資産を控除したのれん代(及び無形資産)は、222億ポンド、営業利益の55年分、当期利益の65年分の水準だ。

仮に、ARMの将来の業績が15年12月期と同水準であれば半世紀以上も投資金額が回収できない計算だ。そう考えると、ARMは相当割高に映る。

図1 AMRの業績推移(単位:百万ポンド)

2013年12月期 2014年12月期 2015年12月期

売上高

714.6

795.2

968.3

営業利益

153.5

309.0

406.1

当期利益

104.8

255.4

339.7

純資産

1311.4

1528.3

1797.6

総資産

1638.4

1837.2

2120.2

 もちろん、企業の価値を決めるのは将来キャッシュフロー(CF)である。将来CFには、買収に関わらず譲渡企業が有する実力の部分と、買収する事によって実現されるシナジー効果の部分がある。そしてこのシナジー効果が大きければ大きいほど、のれん代が膨らんでもいい理由になる。

 この点、7月28日の決算発表の際に、シナジー効果が見えにくい企業だという孫氏の発言があった。これは、シナジー効果が見えすぎるインテルやクアルコム等は、独占禁止法上買収ができないが、ソフトバンクならできるという説明の際の発言であるが、ステークホルダーとしては、孫氏が頭の中で思い描くシナジー効果を少しでも示してもらいたいのが本音であろう。

アーカイブス

関連のM&Aニュース

日本電産<6594>、シンガポールのプローブカードメーカー、SV Probeを子会社化

日本電産<6594>、米国Emerson Electric Co.のモータ・ドライブ事業及び発電機事業を買収

ソフトバンクグループ<9984>、世界有数のテクノロジー企業ARMを完全子会社化

日本電産<6594>、イタリアの建設現場向け吊り上げ機メーカーを子会社化

日本電産<6594>、ルーマニアの洗濯機・乾燥機用モータメーカーを子会社化

サイバーエージェント<4751>、子会社マイクロアドの株式の一部をソフトバンク<9984>に譲渡

エイベックス・グループHD<7860>、ソフトバンクグループ<9984>との合併会社を完全子会社化

ソフトバンク<9984>、米・スプリント・コーポレーション株式を追加取得

日本電産<6594>、インドネシアの車載カメラ用のガラスレンズ加工会社を子会社化

日本電産<6594>、イタリアの発電機・モーター製品メーカーを買収

ヤマダ電機<9831>、ソフトバンクと資本業務提携

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>の株式の一部を売却

ソフトバンク<9984>、ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>によるスーパーセルの株式の取得を発表。

日本電産<6594>、子会社日本電産サンキョーによる三菱マテリアルシーエムアイの株式の取得を発表。

ソフトバンク<9984>、連結子会社による公開買付けを開始。

ソフトバンク<9984>、完全子会社であるイー・アクセスの一部株式を譲渡。

ソフトバンク<9984>とイー・アクセスとの株式交換が完了。

ソフトバンク<9984>、スプリント買収(子会社化)に要する資金調達契約を締結。

ファーストリテイリング<9983>、米国J Brand Holdings, LLC を子会社化。

ソフトバンク<9984>、イー・アクセス<9427>を株式交換によって完全子会社化。

日本電産<6594>、イタリアAnsaldo Sistemi Industriali S.p.A.を子会社化。

ファーストリテイリングの筆頭株主の柳井正、保有株式をTTY Management B.V.に譲渡。

日本電産<6594>と三洋電機<6764>、三洋精密の株式の譲渡について合意

ソフトバンク<9984>、動画配信の米Ustreamへ出資

NEXT STORY

2017年注目!酉年生まれの経営者5人

2017年注目!酉年生まれの経営者5人

2017年は酉年。株式相場の格言「申酉騒ぐ」にちなみ、今年の株式相場を大きく動かすかもしれない、酉年生まれの経営者5人をM&A Online編集部が勝手に選出!


注目の記事

Thumb fc758a30 9e49 4944 852f 5ed8848b7dbd

人事・総務のプロに聞く「M&Aにおける人事労務の留意点」その1

M&Aというと、買収価格等の条件面が注目されがちだが、「ヒト」の問題に関しても周到に準備しておかないと、労務トラブル等で思わぬコストが発生する、ということになりかねない。今回はM&Aを行う際の人事労務関係の留意点や制度統合などに関して、社会保険労務士法人三島事務所でM&Aに関する人事制度策定やコンサルを多数手掛けている林英臣マネージャーに伺った。

Thumb aab5828a 4508 4f87 9de8 fbb6c17f616d
Thumb 908a9947 090a 4a59 95da 01affa6e6c70
Thumb e1cc3fb2 2d9a 4362 945f ba6d406ee29f