2013年3月22日、茨城を中心に栃木、群馬の3県に23店舗を展開している地場大手チェーン調剤薬局が子会社化された。売上高48億、営業利益1.5億、純資産4.9億円という対象会社に対し、全株式で40億円という大きなプレミアムを付けた価額での取引が行われた。

 調剤薬局業界は、一般的に業界再編・集約化が行われやすいといわれる小売業の中でも今まさに業界再編の最中、という業界である。そのため、他業種よりプレミアムは付きやすい傾向にあるのは事実である。とはいえ、これほど大きなプレミアムを付けた取り引きは過去になく、業界内でも大きな話題となった。これが、メディパル傘下で関東圏に特に強く展開している、クオール<3034>によるアルファーム買収劇だ。

 非常にドラスティックなM&Aを行ったクオールの沿革と、その戦略をひもとく。

■クオールの行った主なM&A

年月 内容
1992.10 調剤薬局の運営ならびに医薬品の販売を目的としてクオール設立
2006.4 大阪証券取引所「ヘラクレス」(現JASDAQ)市場に株式を上場
2006.10 福聚(東京都、9店舗運営)の全株式取得、子会社化(価額非開示)
2006.11 第一メディカル(東京都)の全株式取得、子会社化(価額非開示)
2007.3 ビー・エム・エル(東京都)から調剤薬局事業(6店舗)を10億1800万円で事業譲渡
2007.10 エーベルと合併
2008.12 ローソンと業務提携
2009.2 特例子会社 クオールアシスト設立
2010.2 メディカル一光と業務・資本提携
2010.2 テイオーファーマシー(香川県、21店舗)およびテイオードラッグ(香川県、4店舗)の全株式取得(価額非開示)
2010.6 本社を東京都新宿区四谷より東京都港区虎ノ門に移転
2011.12 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
2012.8 ジェイアール西日本デイリーサービスネットと業務提携
2012.8 ローソンと資本提携
2012.10 人材派遣のアポプラスステーション(東京都)の全株式を取得(0%→100%、約32億円)、子会社化
2012.12 東京証券取引所市場第一部に株式を上場
2013.4 会社分割(新設分割)による中間持株会社、クオールSDホールディングス設立
2013.4 アルファーム(茨城県、23店舗)の全株式を取得(0%→100%、約40億円)、子会社化
2013.8 連結子会社のレークメディカル(滋賀県)を株式交換により完全子会社化(出資比率55.56%→100%)
2014.3 セントフォローカンパニー(茨城県、33店舗)の株式取得(52.14%)、連結子会社化(価額非開示)
2014.7 ココカラファインと業務提携
2014.10 連結子会社のセントフォローカンパニー(茨城県)を株式交換により完全子会社化(52.14%→100%)