menu
Social media

【サントリー】「やってみなはれ」M&Aの活用における意思決定力の重要性

Cover 93df066d 33ef 4ea3 8a96 87284729f9ee
※画像はイメージです

 サントリーHD(非上場)は国内屈指の飲料メーカーであり、アルコール飲料のメーカーとしては関連企業を含めると国内ナンバーワンの企業である。ウイスキーでは国内ナンバーワンのシェアを占めるも1990年代に入り蒸留酒の低迷を受けて厳しい状況が続いた。

 そういった状況下での「プレミアムモルツ」の大ヒット、ハイボールによるウイスキー人気の復活、ビーム社の買収を始めとしたグローバル戦略、これらの戦略は数多くの失敗に学び、それでも攻めの姿勢を崩さない同社の社風によるところが大きい。非上場が故の「意思決定力」が功を奏した面も見逃せない。今回は営業戦略における「意思決定力」の重要性にフォーカスし、サントリーのM&A戦略を分析する。

創業理念の重要性

 サントリーは1899年に創業者鳥井信治郎が大阪市において「鳥井商店」を開業、ぶどう酒の製造を始めたのが発祥である。1923年には国内で初のウイスキーづくりに乗り出す。紆余曲折を乗り越え、洋酒ブームによりウイスキー市場が拡大する中、単一市場の事業リスクを懸念し63年にビール市場に参入、72年より食品事業を展開。90年代には飲料市場を牽引して酒類事業と並んで大きな事業となる。

 87年に登場したアサヒビール「スーパードライ」の大ヒットの影でヒット商品に恵まれず酒類事業が苦戦する中、2005年「ザ・プレミアム・モルツ」がモンドセレクションのビール部門で金賞を受賞。40年以上も赤字であったビール事業の黒字化に成功する。その後グローバル戦略にも注力し、09年にはオランジーナ・シュウェップス・グループの全株を取得。14年に「ジム・ビーム」でおなじみのビーム社を買収したのは記憶に新しいところである。

■主なサントリーのM&A

概要
1983年 フランスボルドーの名門 シャトー・ラグランシュを買収。
1990年 フランスのシャトー・セント・ジーンを買収。
1994年 イギリスのウイスキー醸造所 モリソン・ボウモアを買収。
2009年 ブラックストーン・グループとライオンキャピタルからオランジーナの銘柄を持つフランスの清涼飲料メーカー オランジーナ・シュウェップスを約3500億円で買収。
2009年 キリンホールディングス<2503>との持ち株方式による経営統合の交渉行うも難航、2010年に交渉打ち切り。
2014年 ジム・ビームの銘柄を保有していたビーム社全株を総額160億ドルで買収。買収後のビーム社をビームサントリーとしてサントリー酒類のスピリッツ事業と統合。

 日本の大手酒類メーカーのM&Aの歴史について振り返ると、キリンビールが積極的にM&Aに着手したのが06年以降(メルシャン、協和発酵、サンミゲルほか)であり、アサヒビール<2502>も01年以降(ニッカウヰスキーほか)、サッポロビールにおいては現在もM&Aには消極姿勢である。80年代から積極的にM&Aまた商品開発や事業領域の拡大に取り組んでいたサントリーは、同業他社と比較してもM&A戦略には前向きであると言える。

 サントリーは創業者鳥井信治郎、二代目社長佐治敬三、三代目社長鳥井信一郎、四代目社長佐治信忠と歴代同族経営を貫いていた。五代目社長には佐治信忠氏とかねてより親交が深く慶応義塾大学の後輩でもある新浪剛史氏が就任。五代目社長である新浪氏は同族ではないが、いわばワンポイントリリーフ的な役割であり、いずれは鳥井信一郎氏の長男にあたる鳥井信宏(同社副社長)が承継していくものと推測できる。同社の企業理念である「チャレンジ精神『やってみなはれ』」「社会との共生『利益三分主義』」「自然との共生」の中でも特に有名であるのが『やってみなはれ』の精神である。

 チャレンジ精神を掲げる企業は多いが、サントリーはファミリービジネスであるが故に意思決定を迅速に行えるという強みがある。判断を誤ると企業の屋台骨が揺らぎかねないが、経営戦略を即座に実践につなげることができるという点は競合他社にはない大きな強みである。

 特にM&Aに関していえば、タイミングを逸しないために迅速な意思決定が求められる。先般のビーム社買収という大型M&Aを取り組む段階で三菱商事出身の新浪氏にスイッチしたのは賢明な施策と言えよう。有効な戦略立案と実行を新浪氏が行い、会長職の佐治氏が追認するという現体制は社内の意思統一も図りやすいと思われる。

サントリー食品インターナショナル

 サントリー食品インターナショナルは、サントリーHDの子会社であり清涼飲料事業を営む。設立は09年1月であるが、同年4月にはサントリー本体の純粋持株会社化に当たり、国内外の食品事業を継承した。11年1月組織変更により、フルコア・グループ、オランジーナ・シュウェップス・グループ、セレボス・パシフィック・リミテッド、ペプシ・ボトリング・ベンチャーズLLCなどを当社傘下に移管して海外における清涼飲料事業を統合。13年7月には東証一部に上場している。15年7月にはジャパンビバレッジグループ及びジェイティエースターグループを子会社化、販路拡大戦略にM&Aを積極活用している。

(出典:サントリーHP 2015年12月期決算投資家・アナリスト向け説明会資料より)

アーカイブス

コメントする

コメントするには ログイン が必要です。

NEXT STORY

どうなる? アジアの企業に買収されたら

どうなる? アジアの企業に買収されたら

シャープが鴻海精密工業に買収されると報道された件は記憶に新しい。ものづくり大国日本の代表格とも言える企業が、大きく成長したアジアの企業に買収されるケースは他にもあり、時代の変化を感じさせる。ニュースでは、企業トップのやりとりばかりが映し出されるが、背後には多大な従業員やステークホルダーがおり、大きな影響を受ける。海外企業に買収された後の組織のカルチャー、国民性の違いについて海外人事に詳しいコ...


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 86c7d0cc ec0a 493b bd1c abd4c0f6d333
Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544