ファーストリテイリングは、リンク・セオリー・ホールディングスに対して完全子会社化を目的に株式公開買い付け(TOB)を実施することを決議した。リンク・セオリーはTOBに賛同の意見を表明しており、TOB成立後は上場廃止となる。

リンク・セオリーはプライベートブランド衣料品を全世界に展開しているが、個人消費の低迷により厳しい経営環境にあった。ファーストリテイリングはグローバル展開のポテンシャルが高いブランドをグループの資金力や事業基盤を活かしてグローバルブランドに育てることを考えている。リンク・セオリーの子会社化により、ブランドの独立性を尊重しつつ、協業により相互のブランドのグローバル展開促進を図る。

TOBの買付価格は1株あたり17万円。TOB公表前営業日である2009年1月27日の対象株式の終値10万円に対して70.0%のプレミアムを加えた。

TOBの買付予定数は12万4636株で、買付額は295億9100万円。

公開買付期間は2009年1月29日から3月12日まで。