スタートトゥデイ<3092>は、「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という企業理念の下、日本最大級のファッションECサイト「ZOZOTOWN」および、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」の運営を中心に事業を行っている。

 社長自身が元ミュージシャンという異色の経歴であり、自身のライブの会場での物販スペースで、趣味で集めていた輸入レコードやCDを販売したことが起業のきっかけという。

 カタログ通販を開始し、同社を設立。2000年には、カタログ通販からネット通販へと移行した。その後、音楽同様に代表の関心が高かったアパレルについてもネット上にセレクトショップをオープンし、これが現在の「ZOZOTOWN」の原型となっている。

 順調に業績を伸ばし、07年12月に東証マザーズに上場。その後も自社でのサービス展開を図ってきたが、11年からは立て続けにM&Aを実施。12年に東証一部に市場変更、ファッションECを核としつつ業態を広げ、増収増益を続けている。

■スタートトゥデイの行った主なM&A

年月 概要
2010.4 ファッションのオークションサイトを運営しているクラウンジュエルに30%出資
2011.5 クラウンジュエル株式を約7億円で追加取得し、完全子会社化
2013.8 ネットショップ作成サービスを提供しているブラケットを株式交換(約6億5000万円)で子会社化
2014.10 電子雑誌を提供しているヤッパを株式交換(約9億円)で子会社化
2015.5 ECサイト構築サービスを提供しているアラタナを株式交換(約30億円)で子会社化

 はじめのM&Aはファッションアイテムのオークションサイト「CROWN JEWEL」を運営するクラウンジュエルの案件である。市場規模の拡大が予測されているアパレル二次流通事業の強化を狙い、まず10年4月に30%を出資。ZOZOTOWNの会員向けにCROWN JEWELのPRを行うなど連携を実施した結果、ZOZOTOWNで商品を購入した顧客がCROWN JEWELで売り、その代金で再度新しい商品を購入するというサイクルが生じてきた。

 そこで、相乗効果をさらに高めるため11年6月に残り70%に当たる2万2200株を6億9900万円で取得し、完全子会社化した(その後12 年 11 月にサービス名をCROWN JEWELからZOZOUSEDに変更)。下記セグメント別売り上げ推移にあるように、ZOZOUSEDの売り上げは、完全子会社後の12年3月期には20億円弱だったのに対し、16年3月期には80億円弱と4倍に成長している。