モータ・機器装置・電子光学部品事業等を展開する日本電算(株)(以下「日本電産」)は、米国子会社であるNidec Motor Corporationを通じて、商業施設用、住居用、貨物用エレベータ及び関連部品の開発・製造・販売を事業とするCanton Elevator, Inc.(米国、売上高38億3000万円(33.7百万ドル)、1米ドル113.845円で換算、以下「カントン社」)の株式100%を取得したことを発表した。

日本電産は本件取引を通じ、カントン社が保有する多様な優良顧客に対してEDS(エレベータ&ドライブ・システム事業:Elevator & Drive Systems)事業の既存製品と組み合わせた最適なソリューションを提供することが可能となり、北米エレベータ関連事業の成長を加速することができると考えているとのこと。また、①高品質かつ信頼性の高いエレベータパッケージ及びキャビネットを20年以上に亘り提供してきたカントン社の実績、②顧客からの信頼を獲得しているカントン社ブランド、③EDS事業のエレベータ部品における強み(幅広い顧客向けの製品販売、DBD技術)、④日本電産グループの資金力とグローバルにおける高いプレゼンス、を活用することで期待する成長が実現できると確信している、としている。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡実行日は2016年12月5日。