日本電産はドイツの冷蔵庫向けコンプレッサメーカーのSecop(セコップ)グループ4社の全株式を取得し、子会社化することを決議した。対象となるのはSecop Holding GmbH(セコップホールディング社)、Secop s.r.o.(セコップスロバキア社)、Secop Compressors (Tianjin) Co. Ltd.(セコップコンプレッサー天津社)、Secop Inc.(セコップ米国社)。セコップグループの直近売上高は約426億円。

セコップは家庭用・商業用冷蔵庫コンプレッサー大手で、日本電産は今回の買収により冷蔵庫市場に本格参入する。

取得価額は約221億円。取得予定は2017年6月末。