カルピス買収・売却から見える、味の素グループの経営戦略

 味の素<2802>は、1907年5月に合資会社鈴木製薬所として創業された。翌08年7月に、池田菊苗博士がアミノ酸の一種でうま味成分であるグルタミン酸を発見し、調味料グルタミン酸ソーダの製造法特許を取得。池田博士の「日本人の栄養状態を改善したい」という願いに共感した合資会社鈴木製薬所二代目鈴木三郎助がその商品化を引き受け、09年5月にうま味調味料「味の素」の一般販売を開始。その後、何度かの商号変更を経て、46年2月に味の素となった。

 現在の味の素グループは、アミノ酸をコアに「食」「バイオ・ファイン」「医薬・健康」の3つの分野を拡大することをもって、「グローバル健康貢献企業グループ」の実現に向けて成長を続けている。

 以下、うま味調味料「味の素」の製造販売会社から、「グローバル健康貢献企業グループ」として成長を続けている過程を、M&A(組織再編)の観点から見てみよう。

■味の素が行った主な組織再編

年月 内容
1987.6 クノール食品を子会社化
1989.9 ベルギーのオムニケムの全株式取得
1999.12 ヘキスト・マリオン・ルセルから輸液・栄養医薬品事業を買収し、味の素ファルマを発足
2000.5 米国モンサント保有の欧州甘味料合弁会社ニュートラスイート(現・スイス味の素)およびユーロ・アスパルテーム(現・欧州味の素甘味料)の全株式を取得
2000.10 冷凍食品事業を分社化し、味の素冷凍食品に統合
2001.4 油脂事業を分社化し、味の素製油に統合(現・J-オイルミルズ)
2002.12 鈴与グループ各社などから清水製薬(味の素メディカ)の全株式を取得
2003.2 日本酸素から味の素冷凍食品がフレックの全株式を取得。同年4月に味の素冷凍食品はフレックを合併
2003.7 アミラム・フランス保有のうま味調味料の生産・販売会社であるオルサン(現・欧州味の素食品社)の全株式を取得
2006.1 ダノン・グループから香港の食品会社アモイ・フードおよびコンビニエンス・フーズ・インターナショナル(売上高7億300万円)の全株式を約273億円で取得
2006.5 ギャバン株式を17億円で55.4%取得
2007.2 ヤマキ(売上高396億円)の発行済株式33.4%を取得
2007.10 90年に筆頭株主となったカルピスを完全子会社化
2010.4 味の素製薬(09年12月設立)に医薬事業、並びに味の素ファルマおよび味の素メディカを統合
2011.11 味の素アニマル・ニュートリション・グループ(11年9月設立)に飼料用アミノ酸事業運営を移管
2012.10 カルピス(売上高1704億円)の全株式を約1200億円で譲渡
2013.11 米国のバイオ医薬品の開発・製造受託会社であるアルテア・テクノロジーズ(現・味の素アルテア、売上高5300万ドル)の全株式を約160億円で取得
2014.11 米国のウインザー・クオリティ(売上高6億7000万ドル)を約840億円で買収

 上記表のとおり、味の素のM&A戦略は87年6月クノール食品の買収に始まった。その後、89年9月ベルギーのオムニケア、13年11月アルテア・テクノロジー、14年11月ウインザー・クオリティなど、海外企業のM&Aを積極的に行っている。一方で00年10月、冷凍食品事業を分社化し、味の素冷凍食品に統合するなど、グループ内組織再編による組織体制の効率化にも余念がない。