ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【三井物産】「利益積み上げ型」事業の拡大に向けてインフラ関連へ出資

alt
※画像はイメージです

 1876年に日本最初の総合商社として、旧三井物産が誕生した。当時は石炭の輸出や紡績機械の輸入などを行っていた。また中国やインドなどから綿花を輸入し、紡績産業の立役者となった。

 戦後、1947年には財閥解体により、旧三井物産が解散、現在の三井物産<8031>の前身である第一物産が設立された。60年代から70年代には高度経済成長のけん引力として、海外依存度の高い日本への重要資源の安定確保のため、資源開発に出資参画した。

63年1月 豪Moura炭鉱(現Dawson炭鉱)開発への参画
65年2月 豪Robe River鉄鉱山への参画
66年10月 豪Mount Newman鉄鉱石長期契約の締結
71年9月 アラブ首長国連邦・アブダビのダス島LNG(液化天然ガス)開発基本協定調印
71年10月 イラン石油化学プロジェクト基本協定調印

 一方、80年代から90年代にかけては、時代の先端分野への挑戦と急速な社会の構造変化に対応すべく、半導体などの高付加価値分野に進出。また海外においても大型プロジェクトに参画してきた。

85年7月 豪西部のLNGプロジェクト参画     
94年6月 サハリンII石油・天然ガス開発契約調印               

NEXT STORY

「登録小売電気事業者」199社の経営調査

「登録小売電気事業者」199社の経営調査

2016/06/12

2016年4月1日、電力の小売自由化が始まって2カ月が経過した。ちまたではCMや広告をよくみかけるようになり、電力会社のみならず、石油やガスなどのエネルギー産業の参入などさまざまな異業種が小売電気事業者として登録している。ここでは企業データで知られる東京商工リサーチがまとめた登録された小売電気事業者の経営調査を紹介する。

関連のM&Aニュース