総合モーターメーカーである日本電産は、子会社の日本電産リードを通じてSV Probe(売上高61億円、営業利益7億円、以下SVプローブ社)の全株式を取得し、完全子会社化することを決議した。

本件株式取得により、日本電産リードの独自技術であるMEMSスプリング・プローブを垂直型プローブカードに適用することで市場競争力を高めることが見込まれる。また、日本電産リードの検査用治具事業で保有する最先端の加工・組立技術を相互共有し製造面におけるコストダウンや投資効率化を図るとともに、日本電産リードの検査装置をSVプローブ社が持つ営業チャネルにのせて半導体の有力企業に販売するシナジーも期待される。

株式取得価額は71億円。

譲渡実行予定日は平成29年10月末。