日本電産は、子会社の日本電産サンキョーを通じ、韓国のモーター及びモーター駆動ユニットメーカーであるSCD Co., Ltd.(龍仁市)の株式51.42%を取得し子会社化することを決議した。

SCDは新興国向けの冷蔵庫用モーター駆動ユニットとエアコン用モーターの開発・製造・販売を主力とする。日本電産サンキョーのモーター駆動ユニット事業は、白物家電及び住設機器分野で幅広い製品の開発・製造・販売を行う。日本電産はSCDの子会社化により、新興国へ参入し、廉価版製品のラインアップを充実させる。また、冷蔵庫以外の白物家電等向け各種ユニットを韓国系白物家電メーカー向けに協業で販売、売上拡大を図る。

取得価額は非公表。取得日は2012年10月2日。