日本電産(株)(以下「日本電産」)は、子会社である日本電産サンキョー(株)(以下「日本電産サンキョー」)が新たに設立する子会社(以下「新設子会社」)を通じて、電気接点事業を営む東京丸善工業(株)(以下「東京丸善」)の事業(売上高37億4000万円)の全部を会社分割(吸収分割)にて承継することを決議し、事業承継に関する契約書を締結した。

日本電産は、子会社である日本電産サンキョーの三菱マテリアルシーエムアイ(株)(現 日本電産サンキョーシーエムアイ(株))の買収を通じて電気接点市場に参入してきた。電気接点は主にリレー、スイッチ、ブレーカー等に使用されており、車載向け市場で急速に進む EV、PHV 化によるさらなる成長及び、民生(家電)・産業の各分野のグローバル市場拡大に伴う需要増が期待されている。この急速に拡大する電気接点市場への対応に向け、東京丸善工業の事業の全部を新設子会社が承継することについて合意した。日本電産は両社独自の材料開発技術、生産技術、生産対応力を強化することで更なる収益力向上を図っていくとしている。

新設子会社は、本件吸収分割に際し、承継する事業に関して有する権利義務の対価として金銭を交付する。

吸収分割契約締結予定日は2017年8月28日。

吸収分割の効力発生予定日は2017年10月1日。